洋画戦争

洋画

レッド・ドーン

アメリカの田舎町にパラシュート部隊が襲来し、瞬く間に町を制圧。 休暇で帰郷していた海兵隊員ジェド(クリス・ヘムズワース)は弟やその友人たちと共に森に逃げ込み、アメリカ全土が北朝鮮軍に占領されたことを知る。やがて敵の襲撃に遭い目の前で兄弟の父を殺されたことから、愛する人々を守り祖国を取り戻すため、若者たちは徹底抗戦を決意する。
2021.04.13
洋画

ヒトラーの忘れもの

ナチスドイツが降伏した後の1945年5月、デンマークの海岸にドイツ軍が埋めた地雷を撤去するため、ドイツ兵の捕虜が投入される。まだ幼さの残る10代の少年兵たちを監督するデンマーク軍軍曹ラスムスン(ローランド・ムーラー)は、徹底して彼らをこき使おうとする。だが、少年兵たちは誤爆や撤去作業の失敗で次々と命を落とし……。
洋画

エイプリル・ソルジャーズ ナチス・北欧大侵略

第二次大戦下、ナチス・ドイツが北欧に侵攻した“ヴェーザー演習作戦”を題材にしたミリタリーアクション。迫りくる大軍と対峙したサン少尉率いるデンマーク軍小隊。兵士たちは、本隊の援軍が来るまで持ちこたえようと奮戦するのだが……。
2021.04.09
洋画

ハイエナ・ロード

アフガニスタンのカンダハルに派遣され、無数の地雷が仕掛けられた危険地帯で復興道路建設に携わるカナダ軍兵士たち。狙撃部隊のライアン(ロッシフ・サザーランド)は任務中に敵からの攻撃を受けるも、偶然逃げ込んだ村の長老に救われる。長老が地元の有力者たちに影響力を持つ“伝説の戦士”であると確信した情報将校ピート(ポール・グロス)は、ある極秘任務のため長老との接触を図るが……。
2021.04.02
洋画

クロッシング・ウォー 決断の瞬間

10年以上にわたって、アフガニスタンへの派兵を行ってきたドイツ連邦軍。しかし、54人もの戦死者を出した上に、ゲリラだけではなく民間人も攻撃していたことが発覚し、タリバンの脅威から人々を守るという正当性が失われつつあった。そんな中、ドイツ連邦軍兵士としてアフガニスタンに駐留するイェスパー(ロナルト・ツェフェルト)は、少しでも村人の期待に応えようと奮闘する。だが、軍の規定のため、全ての行動が彼らを裏切る形になってしまい……。
2021.04.01
洋画

戦火の愚かなる英雄

第二次世界大戦中、ナチスに占領されたルーマニアのある村。少年が兵士の死体を発見したことから災難が降りかかる。ドイツ軍の将校は犯人を見つけ出すことを要求し、見つけられなかった場合は翌朝村人全員を射殺すると宣告する。絶望の中、神父は村を守る為、村に住む狂人のイプ(ジェラール・ドパルデュー)に盛大な葬式を約束する代わりに身代わりになって欲しいと頼み込むが…。ナチス・ドラマの新たな異色作。
2021.04.01
洋画

バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍

第1次世界大戦下の1917年、ドイツ軍とのし烈な戦闘により大きな打撃を受けたロシア軍は、女性だけの秘密部隊を結成する。貴族や学生、労働者などさまざまな女性たちが集まり、過酷な訓練を耐え抜いて最前線に送られる。戦意を失った男性兵士とは対照的に女性兵士たちは勇敢に戦うが、激しくなる戦闘の中で次々に命を落としていき……。
2021.03.27
洋画

米軍極秘部隊 ウォー・ピッグス

第二次世界大戦末期のヨーロッパ戦線。ノルマンディ上陸作戦の英雄であるアメリカ軍のウォシック中尉は、上層部の無謀な作戦によって大量の部下を失い失意のどん底にいた。そんな彼の元を伝説の軍人レディング大佐が訪ねる。彼はウォシックを極秘部隊「ウォー・ピッグス」の指揮官に任命し、ある任務を託す。それはドイツ軍の支配地域に潜入しナチスの秘密兵器を破壊するという危険きわまりないミッションであった。そしてドイツ軍に激しい憎悪を燃やすフランス外人部隊のピ...
2021.03.23
洋画

ナチスの墓標 レニングラード捕虜収容所

ナチス捕虜たちの強制収容所での恐怖の日々を描いた戦争ドラマ。45年5月9日、ドイツは無条件降伏を調印する。しかし、前線の兵士たちは故郷に戻ることなく、極寒のレニングラード収容所に連行されてしまう。J・マルコヴィッチほか豪華キャストが共演。
2021.03.23
洋画

ザ・スナイパー 孤高の男

余命宣告を突きつけられた仲間の高額な治療費を稼ぐため、元ボクサーの男が再びリングで勝負に挑む! 恥も外聞もかなぐり捨て、ただ仲間を救う一心で自己を犠牲にしながらも闘いに没頭していく男の姿に胸が熱くなる! 最強リアル格闘ショーが開幕! 静かなる熱き闘士を胸に秘め、再起をかけ世界王者に立ち向かう勇姿を描くバイオレンス・アクション! 多くを語らず己を犠牲にしてまで友を救おうと立ち上がる寡黙な男を、スコット・プライアーが熱演! 鍛え上げられた肉体で、...
洋画

西部戦線異状なし (1979)

第一次世界大戦が始まって間もない頃、ドイツのある町の学校で、教師は生徒たちに愛国主義を説いていた。情熱に駆り立てられた若者たちは、直ちに出征を志願する。入隊後、彼らは過酷な訓練を受け、戦場へと送り出される。しかし前線で待っていたのは、飢えと恐怖に脅かされる過酷な日々だった。轟く射撃音や激しい砲火の中で、若者たちの英雄主義は無残にも崩壊し、ヒステリーになる者や、理性を失い塹壕を飛び出す者が続出する。
2021.03.10
タイトルとURLをコピーしました