洋画戦争

洋画

バンデラス ウクライナの英雄

2014年9月、ウクライナ東部のドネツク州。政府軍と親ロシアの分離派勢力による衝突が激化するヴェセレ村で、乗り合いバスが何者かに襲撃され多くの住民が死亡した。世間ではこの襲撃は政府軍の仕業と見る中、首謀者は村近くに駐屯する政府軍部隊に潜入しているとされるロシア人活動家ホドックと断定した軍上層部は、同村出身のアントン率いる特殊部隊を現場へ派遣した。ホドックの目的は、次の休戦会議を混乱に陥れること。そんな状況下で、空挺隊員がナイフで心臓を刺され死...
2021.01.18
洋画

オペレーション・タイフーン

スターリングラードの戦いに至るナチス・ドイツのソ連侵攻を舞台に描く戦争アクション。ソ連軍諜報員・ススロフ大尉に下った新たな指令。たった5人で部隊を結成した彼は新兵を訓練で特殊作戦のスペシャリストに仕立て上げ、敵の占領地域に侵入する。これまでさまざまな映画で描かれた、極寒の地での壮絶な独ソ戦。バトルムービーファンにはお馴染みの主題を、2人の女性兵を含む5名の少数精鋭部隊の活躍を中心に、痛快に描き切ったヒーロー・エンタテインメント!
2021.01.10
洋画

インドシナ激戦史1954 ―要塞ディエン・ビエン―

泥沼の第一次インドシナ戦争末期。1954年、ベトナム西北部ディエンビエンフー。ベトミン(ベトナム独立同盟)との死闘を続けてきたフランスは、この地にパラシュート部隊を降下、戦闘を優位に進めようとするが、いまや敵に完全に包囲され、絶体絶命の危機に瀕していた。終わることのない砲撃。兵士ベクナは、もはや生き残るために、ベトミン軍への投降を決意する。こうして塹壕戦を展開する敵陣の捕虜となった彼は、監視下に置かれ、フランス軍の作戦について情報を求められ...
2021.01.06
洋画

スリーピング・ボイス ~沈黙の叫び~

スペイン内戦で勝利したフランコ将軍による独裁政権2年目。刑務所に収監された姉オルテンシア(インマ・クエスタ)の力になろうと、ペピータ(マリア・レオン)はコルドバからマドリードへとやって来る。元医師の家のメイドとして働きつつ姉に差し入れをし、彼女から強く求められて反政府ゲリラと接触するペピータ。そんな中、裁判にかけられたオルテンシアに死刑が求刑される。一方、ペピータは勤め先の元医師がフランコ将軍と近い関係だと知り……。
2021.01.06
洋画

ロスト・ストレイト

休暇のためにテヘランへ向かっていたイラン第27師団アマル大隊に前線行きの命令が下る。数時間前にイラク軍が国境を超えたのだという。前線に向かうか、家族や恋人が待つテヘランに帰るべきか…兵士たちは選択を迫られるが、アリは前線行きのトラックに乗り込む。しかし途中、一行は激しい爆撃に遭い、アジーズがあっけなく命を落とす。アリも事の重大さを目の当たりにするのだった…。
洋画

ベトナム激戦史1967 ~攻防ケサン基地~

ベトナム戦争の真実をベトナム側の視点で描いた戦争アクション。近代兵器を駆使した米軍にベトナム軍がどのように対抗し、米軍を排撃したのかに迫る。67年、激しさを増すベトナム戦争で、ベトナム軍は米軍の圧倒的な軍事力を前に窮地に陥るが…。
2021.01.03
洋画

長沙里9.15

朝鮮戦争が激化する中、韓国軍は北朝鮮の猛攻で敗走を余儀なくされ、マッカーサー将軍は、クロマイト作戦と呼ばれる大規模な上陸作戦を計画する。この作戦を成功に導くために長沙里に上陸する陽動作戦が進められ、イ・ミョンジュン大尉(キム・ミョンミン)と平均年齢が17歳の学生兵772人が実行することになる。訓練期間が2週間しかなく…
洋画

ちいさな独裁者

1945年4月。兵士の軍規違反が頻発するドイツで、部隊から逃げてきたヘロルト(マックス・フーバッヒャー)は、廃棄された車両の中で将校の軍服を見つける。それを身に着け大尉に成り済ました彼は、出会った兵士たちを次々と服従させて「へロルト親衛隊」のリーダーになる。彼の振る舞いはエスカレートし、やがて大量殺りくに向かっていく。
洋画

ノー・マンズ・ランド 西部戦線

1914年。第一次世界大戦が始まるや、感奮興起したオランダ国籍のアーサー・クナップは、両親の反対を押し切りフランス軍外国人部隊の志願兵として、第3軍の第3部隊に配属された。誰もがクリスマスまでに終戦を迎える思いきや、激化するドイツ軍の奇襲攻撃であっけなく死に逝く仲間たちの姿に、戦争という名の過酷な現実を突きつけられるアーサー。さらに追い打ちをかけるように尊敬する父が病死してしまう。そんな中、塹壕戦の緊張感が一気に高まる事態が起きる。それは、ド...
2020.12.24
洋画

コードレッド ロシア軍秘密兵器破壊指令

第2次大戦末期、ソ連軍のエルマコフ大尉が受けた極秘指令。それはナチスに奪われた秘密兵器BM-13、別名《カチューシャ》と呼ばれる自走式ロケットランチャーを、ドイツに運び出される前に破壊せよ、というものだった。エルマコフは精鋭部隊を編成し、敵占領地域に潜入する。だがそこで彼らを待ち受けていたのは、厳戒態勢のナチスの大軍と、実行不可能としか思えない困難な任務だった…。
洋画

ドニエプル攻防決戦1941

クルスクの戦いの後、ドイツ国防軍最高司令部は東部戦線において赤軍に対してすでに大規模な攻撃を行うことはもはやできなかった。クルスク後の長い退却の間、ドイツ軍とそれを支援するドイツ空軍はドニエプル川を渡り西へ移動、ボータン線に沿って防衛を固めた。8月中旬までにドイツ総統アドルフ・ヒトラーはソビエト赤軍の攻撃を抑えることができないと判断、一連の防衛陣地を建設し、ソビエト赤軍の攻撃を抑えるよう命令、さらにドイツ軍がドニエプル川のヴォータン線を厳...
2020.12.06
タイトルとURLをコピーしました