洋画音楽

洋画

スウィート・スウィートバック

幼い少年スウィートバックは娼婦たちに引き取られ、娼館で育てられることに。少年はそこで無理やり襲われ童貞を失う。しかし、やがて自らのセックスの才能に目覚めていくスウィートバック。大人になった彼はクラブで行なわれるセックスショウの男優として働いていた。ある日、スウィートバックは無実の罪で白人刑事たちに連行された際、途中で刑事たちが黒人活動家をリンチする現場を目撃してしまう。何かに目覚めたスウィートバックは刑事たちに襲い掛かり、ついには逃走を...
洋画

何も変えてはならない

ジャック・リヴェット監督からアルノー・デプレシャン監督といったフランス映画界を代表する監督に愛される女優、ジャンヌ・バリバール。歌手としても活躍する彼女の姿に、ポルトガル映画界が誇る俊英、ペドロ・コスタ監督がカメラを向ける。
洋画

SCRATCH

70年代初め、ニューヨーク・サウスブロンクス地区でヒップホップにおける“DJ”は産声を上げた。やがて、グランド・ウィザード・セオドアによってターンテーブル上でレコードを前後に動かすことで独特のリズムを生み出す“スクラッチ”の技術が発明されるとDJは飛躍的な進化を遂げる。その後、アフリカ・バンバータらカリスマDJが次々と登場し、ヒップホップ文化を確立していくとともに、“ターンテーブリズム”という一大ムーブメントへと発展していくのだった。
洋画

やさしく愛して

E・プレスリーの映画デビュー作である、恋と金のトラブルを巡る兄弟愛を描いた西部劇。南北戦争直後、南軍将校・ヴィンスが故郷へ帰ると、恋人は弟と結婚していた・・・。
洋画

バード (1988)

バードとは、モダン・ジャズの祖でありビ・バップの創始者でもある、サックス奏者チャーリー・パーカーの愛称。ジャズ好きで知られるイーストウッドが、丹精こめて描く、自らのアイドルの伝記。麻薬に溺れ、自己の内面と向き合い傷つきながら、己の芸術を勝ち取っていった男の苦闘を描く。
洋画

グレン・ミラー物語

フロリダで怠惰な生活を送っていたパーシー(スカーレット・ヨハンソン)は、母親の死を聞き帰郷。ニューオーリンズの生家に戻った彼女は、ひょんなことから母親の友人だった元文学部教授のボビー(ジョン・トラヴォルタ)と、彼を慕う作家志望の青年ローソン(ゲイブリエル・マック)と共同生活を送ることになる。
洋画

ロックンロール・ハイスクール

低予算の娯楽作品を数多く手掛けるロジャー・コーマン製作総指揮の痛快学園コメディ。監督はTVシリーズ「こちらブルームーン探偵社」のアラン・アーカッシュ。「グレムリン」のジョー・ダンテと「フライングハイ」のジェリー・ザッカーがアンクレジットながら演出に加わっている。当時の人気パンクバンド、ラモーンズが音楽を担当、劇中にも登場している。ある高校を舞台に、ロックを悪と見なして校庭に集めたレコードを燃やす超堅物の女校長と、ラモーンズ大ファンの女子高...
洋画

フェスティバル・エクスプレス

ジャニス・ジョプリンを筆頭にグレイトフル・デッド、ザ・バンド、バディ・ガイ、フライング・ブリトー・ブラザーズといった、当時のロック・シーンを彩る錚々たる顔ぶれが、5日間にわたりツアー会場を列車“フェスティバル・エクスプレス”で移動しながらカナダを横断した。本作ではツアー参加ミュージシャンたちのライヴ・パフォーマンスはもちろんのこと、彼らが移動中の列車内で繰り広げた様々なセッションの模様など、貴重な映像をふんだんに収録、歴史的なイベントの全...
洋画

プリンス/パープル・レイン

アクの強さではダントツの天才ロック・ミュージシャン、プリンス。彼の下積み時代のサクセス・ストーリーに関係者自らが出演した自伝的青春映画。ミネアポリスで人気No.1のバンド『ザ・レヴォリューション』のリーダー“キッド”は、近頃頭角を現わしてきた『ザ・タイム』の存在に危機感を抱いていた。折しもバンド仲間とは不協和音が聞こえ始め、家族問題も深刻化、さらに恋人との関係も最悪状態。それでも彼は自分の我を通そうとしていた……。アカデミー賞主題歌賞(同名...
洋画

耳に残るは君の歌声

1927年、ロシア。貧しい村に住むユダヤの少女フィゲレは母を亡くし父と祖母と暮らしていたが、父はゆくゆくは娘を呼び寄せると胸に誓いひとり渡米を決意する。しかし、やがて戦火の荒波の中フィゲレはひとりイギリスへと流れ着き、スージーと名付けられキリスト教の家庭に預けられる。言葉が通じず孤立するスージーはある日、ジプシーの一団を目にしたとき、その口から美しい歌声を発した。10年後、成長したスージーは父を探す旅に出る。スージーは旅費を稼ぐためパリでコー...
2014.05.14
タイトルとURLをコピーしました