洋画ドキュメンタリー

洋画

私はあなたのニグロではない

1979年、アメリカ人作家のジェームズ・ボールドウィンは、友人のメドガー・エヴァーズ、マルコムX、マーティン・ルーサー・キングをテーマにした新作の構想を練っていた。彼は30ページで止まったままの「Remember this House」という題名の本についてエージェントに手紙を書く。
2021.03.26
洋画

マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン

『ドライヴ』で一躍世界の注目を浴びたニコラス・ウィンディング・レフン監督は、ライアン・ゴズリングと再び組む次の作品『オンリー・ゴッド』をタイで撮影することに。前作の成功による周囲からの期待、慣れない異国でトラブル続出の撮影、仕事を捨てて同行してきた妻リヴ・コーフィックセンとの衝突など、さまざまな重圧がレフン監督にのしかかり……。
2021.03.01
洋画

N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン

ギャングスタ・ラップの草分け的存在として知られるN.W.A.の成功までの道のりと、実質的解散に至るまでの全貌、イージー・Eの波乱万丈の短い生涯を、メンバーや、元メンバーのアラビアン・プリンス、マネージャーのジェリー・ヘラー、デス・ロウ・レコードのシュグ・ナイトなど、関係者の証言とともに紐解いていく!
2021.02.23
洋画

レッド・ツェッペリン/狂熱のライブ

137分にも及ぶツェッペリンのドキュメントで、単なるライブ・フィルムではなく、3年間に渡って彼らの活動を追った素材をぶちまけて、その音楽の陶酔に導かれてのイメージ・ショットなどを織りまぜて紡ぐ一大ロック・ページェント。へヴィ・メタルの元祖である彼らのそうした西欧的大仰さが好きになれない向きにはお勧めできないが…
洋画

ブルーノ

ミラノ・コレクションのステージ上で暴れてファッション業界を追放されたことから、ハリウッド・セレブになって見返そうと決めたゲイのファッション評論家・ブルーノ(サシャ・バロン・コーエン)。流出させる目的で大統領候補とのセックスビデオを撮影しようとしたり、アフリカで養子を手に入れたりと、ブルーノ流セレブへの道をまい進していく。
洋画

ギミー・デンジャー

1967年、ミシガンで知り合ったイギー・ポップら4人で結成されたバンド「The Stooges」。彼らは、デトロイトのロックシーンをけん引したMC5との交流をきっかけに、メジャーデビューを果たす。しかし、過激で個性の強い彼らの音楽は、世間に認められなかった。そんな中、デヴィッド・ボウイに声を…
洋画

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

ニューヨーク公共図書館は、観光名所としても有名な本館と、数多くの分館で構成され、約6,000万点のコレクションを持つ世界中の図書館員の憧れの図書館と言われている。そのニューヨーク公共図書館を、数々のドキュメンタリー作品を手掛けてきたフレデリック・ワイズマン監督が取材した。
洋画

リル・ウェイン/ザ・カーター

全部 曝け出す! 自称「生きている中で最高のラッパー」全盛期「カーターIII」発売前後の日々に完全密着! リル・ウェインのアーティスト・ライフをすべて曝け出した幻の衝撃ドキュメンタリー!
2021.01.19
洋画

アニエスによるヴァルダ

写真家だったアニエス・ヴァルダは1954年、長編映画『ラ・ポワント・クールト』を完成させる。作品はヌーベルバーグの先駆的な作品と評価され、映画監督のジャック・ドゥミと結婚してからも『ダゲール街の人々』『歌う女・歌わない女』などを手掛けてきた…
洋画

大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院

1984年、ドイツのフィリップ・グルーニング監督は、フランスアルプス山脈にあるグランド・シャルトルーズ修道院に撮影を申し込む。その16年後ついに許可が下り、監督はおよそ半年の間修道院の一員としてほかの修道士同様に独房での生活を送る。りんとした沈黙の中…
洋画

スティーブ・ジョブズ1995 ~失われたインタビュー~

1995年、パーソナルコンピューター誕生をめぐるテレビドキュメント「The Triumph of the Nerds: The Rise of Accidental Empires」が制作される。そのなかで番組スタッフは、自ら創設したアップル社を退社して新会社NeXTのCEOとなったスティーブ・ジョブズへのインタビューに成功。生い立ちに始まり…
タイトルとURLをコピーしました