洋画コメディ

洋画

早熟 ~青い蕾(つぼみ)~

香港映画の巨匠、イー・トンシン監督による高校生カップルの恋を描いたラブロマンス。裕福ではないが温かい家庭で育ったカーフーと、弁護士である厳格な父の下で育ったお嬢様・ヨックナム。パーティーで知り合ったふたりは、やがて恋に落ちるのだが…。
洋画

SEXエド チェリー先生の白熱性教育

教師を目指していたのに、なぜかベーグル屋のバイトをしているエド。深夜のバイトで元教え子のカップルにからかわれた彼は、こんなバイト生活はうんざりと、地元の中学校の臨時採用試験を受けようとする。しかし履歴書だけで不採用。逆切れしたエドは勢い余って教員採用担当者に会いに行き、奇跡的に職を得ることができた……のだが、担当は何と「性教育」。隠してはいたが、実はエドはいまだに童貞だった! とりあえず教鞭を取るものの、経験豊富(?)な生徒たちとどう向き...
2021.04.15
洋画

ロック・ザ・カスバ!

落ちぶれた音楽芸能マネージャーのリッチー(ビル・マーレイ)は、公演先のアフガニスタンで荷物を失ってしまう。仕方なく用心棒のボンベイ(ブルース・ウィリス)と行動を共にすることになった彼は、たどり着いた先で天性の歌声を持つ少女に出会う。リッチーは、彼女を現地のオーディション番組に出演させることを思いつくが……。
2021.04.14
洋画

音痴クリニック

食堂を経営する母親譲りの音痴に悩むドンジュ。呼吸さえ音が外れていると笑われた彼女は、初恋の相手に振り向いて欲しい一心で、遂に一大決心! 音痴を治してくれるという「音痴クリニック」の門を叩く。そこで出会ったのはボサボサ頭で冴えない格好をしているものの、“完治率100%"を誇るスター講師のシノン。彼をして「自分史上初の強力な音痴末期患者」と言わしめたドンジュの試練がこうして始まった。シノンの特訓を受けたドンジュは果たして音痴を克服できるのか?!
2021.04.14
洋画

ベスト・バディ

デューク(モーガン・フリーマン)は、富裕層が余生を楽しもうと集まる高級リゾート施設ヴィラ・カプリの総支配人。ある日、本社から上司のスージー(レネ・ルッソ)が送り込まれ、カウボーイのレオ(トミー・リー・ジョーンズ)が新たに入居したのを機にボスの座が危うくなる。ポーカー、ゴルフ、女性をめぐって自分と競おうとするレオにやきもきする中、デュークはかつて裏切ったギャングに現在の居場所を知られてしまう。
2021.04.12
洋画

エール!

フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、全員が聴覚障害者。ある日音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才能を認められ、パリの音楽学校で行われるオーディションを勧められたポーラは喜ぶものの、歌声を聴けない家族から反対される。家族のコミュニケーションに欠かせないポーラは、考えた揚げ句……。
2021.04.12
洋画

LUCK-KEY/ラッキー

どんな依頼も成功させる殺し屋ヒョヌク(ユ・ヘジン)。彼は、仕事を終えて立ち寄った銭湯でせっけんを踏んで転び、頭を床に打って記憶喪失に陥る。その一部始終を目にした売れない俳優ジェソンは、ヒョヌクの荷物が入ったロッカーの鍵を自分のものとすり替える。それを機にジェソンは殺し屋ヒョヌクとして、ヒョヌクは何もわからぬまま俳優ジェソンとして生きていくことに。ヒョヌクは完璧主義者であることが功を奏して役者としての道を歩む一方、ジェソンは裏社会のトラブ...
2021.04.12
洋画

ボヴァリー夫人とパン屋

ノルマンディーにある故郷の村へと戻り、父親が遺(のこ)したパン屋を受け継いだマルタン(ファブリス・ルキーニ)。ノルマンディーを舞台にしたフローベールの小説「ボヴァリー夫人」を読みふけっては退屈な日々を過ごす彼だったが、隣の農場にイギリス人であるチャーリー(ジェイソン・フレミング)とジェマ(ジェマ・アータートン)のボヴァリー夫妻が移り住んでくる。美しいジェマに惹(ひ)かれていく中、マルタンは彼女が年下男性と密会するのを目撃。やがて、「ボヴ...
2021.04.12
洋画

パイレーツ (2014)

中国・明の皇帝から贈呈された、朝鮮建国の証しである「国璽(こくじ)」。しかし、それを運んでいた使節船がクジラとぶつかった上に、クジラが国璽を飲み込んでしまい、朝鮮の朝廷は大慌て。海を見たことがないにもかかわらず国璽に一獲千金を懸ける山賊、謀略に振り回される海賊、国璽を見つけなければ死罪となってしまう水軍が、お宝をめぐって攻防を繰り広げる。
2021.04.10
洋画

幸せなひとりぼっち

愛妻に先立たれ失意のどん底にあったオーヴェ(ロルフ・ラッスゴード)の日常は、パルヴァネ一家が隣に引っ越してきたことで一変する。車のバック駐車や病院への送迎、娘たちの子守など、迷惑な彼らをののしるオーヴェだったが、パルヴァネは動じない。その存在は、いつしか頑なな彼の心を解かしていき……。
洋画

ソフィー・マルソーのSEX,LOVE&セラピー

かつて、セックス依存症だったランベール。自身の生活環境を改めようと、改心し夫婦関係専門のカウンセラーとして、数ヶ月間の禁欲生活を過ごしていた。そんなある日、セクシーで魅惑的な女性ジュディットを彼の助手として雇う事になり、事態はややこしい方向へ動き出す。そう、彼女は色情狂の女だったのだ…。
タイトルとURLをコピーしました