邦画ヤクザ

邦画

カラス

カラスと呼ばれる殺人マシーンがいた。抗争の裏に潜み、目撃者も容赦なく消す。そんな男が幼なじみの女と出会い、さらなる破滅に向かって駆け抜ける。東映Vシネマ25周年映画『25』の監督・鹿島勤による夜明けのハードボイルド。蒼きフィルムに伊原剛志の肉体がほとばしる。
邦画

広域暴力 流血の縄張

関東桜田会は、警察の組織暴力団壊滅作戦に追いつめられて解散した。しかし、新宿にシマを持つ大野木一家だけは解散に反対だった。しばらくの間は大野木のシマは平穏だったが、そのうちチンピラによるシマ荒しが頻繁におこり始めた。幹部の勇治が調べてみると、新築開店のクラブ・バッキンガムを根城とする陣野の仕業と判った。陣野政吉は、関西連合会会長陣野孝之助の弟であった。桜田組の解散につけこんだ関西連合会が、大野木を挑発し、喧嘩に、持込んで、シマを乗取ろう...
邦画

FAMILY2

FAMILYの続編
邦画

FAMILY

日本の裏経済を仕切る秘密結社"ジャパン・マフイア"。横浜のサービス業界を牛耳る実業家・三輪秀志(岩城滉一)のもう一つの顔は、このジャパン・マフィアの幹部であった。ある時、対立する極道組織・神州睦会の総長が何者かに殺された。その手口から、犯人が秀志の末弟・三輪猛志(加勢大周)と判明すると、神州睦会は総力をあげて猛志の行方を追う。そして秀志の次弟である隆志(木村一八)の妻・万里子を拉致し、秀志に猛志の身柄を要求してきた。万里子を救い出すため、秀志は...
邦画

ひとり狼

村上元三の同名短編小説をもとに「若親分千両肌」の直居欽哉が脚本を書き池広一夫が監督した股旅時代劇。村上元三は自作の舞台化・映画化に厳しかったとされるが、本作については「わたしの作品を映画化した中では、『ひとり狼』が一ばん印象に強い」と述べたといわれている。 中年やくざの上松の孫八は、塩尻峠で追分の伊三蔵が一瞬のうちに三人の男を斬り捨てる現場に遭遇する。上州坂本宿で伊三蔵と再会した孫八とその弟分の半次は、礼儀正しく博打も強い伊三蔵に驚異と...
邦画

最強極道伝説 極鬼

「鬼島葬祭」は万年赤字で借金もろくに返せない状況が続いていた。妹・さくら子(阿部真里)に切り盛りを任せ、マイペースに見える社長・鬼島五十六(竹内 力)。しかし、その穏やかな顔には裏があった。今度の『鬼』への依頼は、熊の原一家から。巨大組織・修羅仁道会からの縄張り荒しを受けているのを止めて欲しいという。小さな縄張りの陰に、大きな利権を嗅ぎ分ける鬼島。16年前、極道だった頃の修羅仁道会への遺恨を晴らす戦いが始まる。
邦画

許されざる者 第二章 獅子たちの鎮魂歌

『妖怪大戦争』で大人から子供まで楽しめるエンタテインメントを作り上げた鬼才・三池崇史監督のアクションヤクザ第2章。絶え間なく続く守部の復讐。そしてついに親分暗殺計画の真相を突き止める。R-15作品。
邦画

パイルドライバー

心は優しいが何をやってもダメなソーイチ(松尾敏伸)は、ひょんなことからヤクザの幹部養成学校に入学する。そこで3人の仲間たちとともに、借金の取立てや鉄砲玉の予行演習といったヤクザのイロハを叩き込まれていく。ある日、差し押さえ物件の居座りを命じられるが、その家は偶然にも彼が想いを寄せる少女の家だった。
邦画

修羅の群れ (2002)

時は昭和8年。稲原龍二は横浜四親分の一人である加東伝三郎に見初められ、極道の世界に足を踏み入れた。若い龍二は兄貴分の横山からもよく目をかけられ、頭角をあらわしてゆく。戦後の混乱期も耐え抜いた龍二には、その貫禄から次々と舎弟が増えていった。昭和24年、熱海を拠点とした稲原組がついに誕生、その後も次々と関東一群に進攻、勢力を広げてゆく…。
2014.10.18
邦画

出所祝い

昭和四年、大正天皇崩御、今上天皇即位と、二度に渡る特赦、減刑の大恩典により榎家の岩橋清治、小野寺努、観音組の尾関軍次郎、そして流れ者の女彫りもの師お夕が、各地の刑務所を出所した。日本海側のとある地方都市で勢力を二分する榎家と観音組は、伐採した材木を運ぶ軽便鉄道の利権をめぐって、長い間小ぜり合いを続けてきたが、六年前、謎の鉄道爆破事件が導火線となって激突し、流血の抗争を展開した結果、観音組の親分勝五...
邦画

関東無宿

伊豆組の幹部・鶴田は賭場で出会った女が、有名なイカサマ博奕打ちの女であることを知る。しかしそうとは知りつつも鶴田はその女に惹かれていく。組同士の抗争とロマンスを繊細に織り交ぜた娯楽作。
タイトルとURLをコピーしました