邦画ヤクザ

邦画

陽炎

樋口可南子 、仲代達矢主演、昭和初期の熊本を舞台に愛憎がうずまく料亭を巡って一人の女胴師の活躍を描く任侠アクション。昭和3年、熊本の花街。女胴師りんは両親亡き後、若旦那として料亭「八雲」を切り盛りしている弟・市太郎から、かつての故郷は、今や宿敵・岩船一家が牛耳る、色と欲に満ちた場所になっていると知らされる。りんは、身寄りのないりんと弟を引き取り育ててくれた「八雲」の先代への恩返しのため岩船一家を相手に死闘を繰り広げるのだった…。
2021.10.23
邦画

若頭暗殺史 修羅の男たち2

阿部亮平、北代高士主演の任侠アクション完結編。山東連合会若頭若宮組々長・若宮錦吾が秀熊一家に暗殺された。若宮組幹部・宇佐美眞は組の方針を顧みず、舎弟の照井達利と共に復讐を開始。やがて、黒幕の山東連合会若頭・京島恒美にたどり着くが…。
2021.10.23
邦画

YOKOHAMA BLACK2

的場浩司が原案・主演を務めたクライムアクション第2弾。特別高等粛清班のリーダー・龍司は、蛯名組々長暗殺の黒幕が関西不知火会の仕業だと考えていた。そんな中、龍司ら粛清班のメンバーは2代目会長に指名された剣崎大我の護衛に付くが…。
2021.10.22
邦画

修羅の群れ 第三部 完結編 大抗争列島!!

稲原組の名称を稲原会と改めた稲原龍二(松方弘樹)は、それに伴い、稲原会の代紋を統一した。そして、昭和四十七年、稲原会は東京・六本木に新しく本部事務所を開設。更なる事件、抗争が龍二と稲原会を待ち受けていた。
2021.10.22
邦画

西日本最大の抗争

西日本・徳島にて極道抗争が勃発する。元中西組若頭・南(古井榮一)の暗躍により、同組舎弟頭・田中亥作は殺され中西組は解散した。兄弟分の金鵄会磯谷組に入った若頭補佐・田中虎次(小沢仁志)、田中卯之介(小沢和義)は南の仕業を知り兄の仇を討つ為復讐を決意する。一方、徳島を掌握したい南はバックの花房組の力を借り金鵄会を潰そうと動く。そんな中、磯谷組々長・磯谷(野口雅弘)が襲われ、ついに沈黙を保っていた虎次達が動き出す。
2021.10.21
邦画

新・極道の妻たち 惚れたら地獄

関西のミナミに拠点を置く御蔵組の村木芙由は、病床の夫に代わって組織をまとめ、折からの土地開発に便乗して御蔵組を盤石なものにしようと奔走していた。だが巨大な利権を狙って、キタに本拠を構える大組織・侠和会が非情な手段で御蔵組に迫ってきた。芙由をはじめ、極妻たちが愛する夫を失った時、どのような行動に出るのか?シリーズ中最も緊迫感溢れる大ヒットシリーズ第7弾。
2021.10.21
邦画

極道の紋章 第十八章

遂に前崎(松田一三)率いる関西共友会は、関東睦会と全面戦争に突入し、各地で激しい争いが繰り広げられていた。中でも関東の抗争は激化し、多くの若者が血を流すこととなった。事態の収拾を願う辰巳一家組長・鹿野(藤原喜明)は関西共友会理事長・津浪(白竜)、さらには関東睦会会長代行・桐生(小沢仁志)それぞれに手打ちを願い出るがともに拒絶され、終には鹿野自身が凶弾に斃れることに・・・日本中の極道と警察が見守る中、全面戦争はさらに壮絶を極め・・・更なる戦争か! ...
2021.10.20
邦画

極道の門 第六部

二代目大政組若頭・村田龍治(木村一八)に訪れた突然の悲劇。人生の師として慕っていた竜泉寺住職・藤村壮海が病にこの世を去ってしまった。葬儀に集まった村田を始め、元築港大浜組初代組長・大浜鶴吉(加納竜)や龍泉寺住職・安田銀海(赤松紘季)は壮海との日々に思いをはせていた。しかし、二代目大政組舎弟の根来達男(武蔵拳)から義道会会長だった太田黒豊春の息子・太田黒豊大(小中文太)が二代目義道会を名乗りを新世界に事務所を出したという話を聞く。その裏で...
邦画

日本統一34

丸神会による侠和会壊滅作戦に会長の川谷(小沢仁志)、若頭補佐・田村悠人(山口祥行)の逮捕を受け、追い詰められていく氷室蓮司(本宮泰風)は、丸神会と癒着のある関根内閣転覆のため、対立候補の石田元幹事長を次期総裁選で支援し、丸神会の陰謀を阻止しようとする。石田は手始めに青森で拘束されている平川(松田一三)を釈放を公言。翌日釈放となるが、三田一家総長・辰巳(武田幸三)の命により平川暗殺が実行される。間一髪で難を逃れるが、平川を庇った植木(永倉...
邦画

最強独立組織

錦城会西岡一家幹部・倉木徹(白竜)は、躊躇無くと相手の首を切り落とす“首落としの倉木”と恐れられていた極道。そんな倉木を慕う若衆・鮫島(水元秀二郎)も暴れ馬と呼ばれるほどの男だった。やがて永尾組という一家を構え、寡占化の一途を辿る極道社会においても、広域組織に一歩たりとも道を譲らず、一本独鈷を貫いていく――。
2021.10.19
邦画

続・広島やくざ戦争 流血!第三次抗争勃発

二代目共雄会会長・服田武の引退により、後継に理事長・山岡久(小沢仁志)が決定した。だが、それを不服とする者も少なくはなく、その中心的存在である梶本(小沢和義)は、尾道の侠義会と結託し山岡を襲撃した。血で血を洗う第三次広島抗争の始まりである……。
2021.10.19
タイトルとURLをコピーしました