邦画サスペンス

邦画

二流小説家 シリアリスト

ある日、小説家としてぱっとしない赤羽一兵(上川隆也)は、死刑が確定している連続殺人犯の呉井大悟から告白本の執筆を依頼される。彼はそのチャンスに飛び付き、呉井に面会に行くと、彼を主人公にした小説を書くという条件を提示される。赤羽は、ふに落ちないながらもOKし、3人の女性たちに取材をするのだが、行く先々で殺人事件が発生し……。
2021.04.26
邦画

映画 賭ケグルイ

政財界有力者の子女が通っている私立百花王学園では、ギャンブルの勝敗によって生徒たちの階級が決められていた。そんな学園に、蛇喰夢子(浜辺美波)という少女が転入してくる。学園を支配する生徒会は、リスクを負うことで至上の喜びを得るギャンブル狂の彼女を警戒し、腕に覚えのあるギャンブラーを刺客として送るが、ことごとく倒されてしまう。そこで生徒会は、百花王学園史上最大のギャンブルバトルを開催する。
邦画

首相官邸の女

恋人の不可解な事故死。ごく普通のOL・新谷範子は、民自党衆議院議員・倉本小百合から、自分の恋人を死に追いやった本当の犯人は、現大蔵大臣の花岡だと聞かされる。恋人の仇を打つべく、倉本と手を組む範子。しかし、テロリストから命を狙われることに…
2021.04.18
邦画

組織暴力 対 官僚

エネルギー資源庁の融資担当の高千穂(小沢仁志)は、未公開株取引の情報を流し、インサイダー取引の罪で有罪が確定。高千穂の逮捕により、バックについていた義父の副大臣、そして巨額の損害を被った那珂井組からトカゲのシッポ切りが始まる。しかし、高千穂は檻の中で粛々と逃避行の時を待つ。唯一頼れるのは、那珂井組若頭の大城(蝶野正洋)だが、総ては組織の罠かもしれない! 高千穂の真の目的とは? 国家を、ヤクザを欺いた男はどうなるのか!?
2021.04.11
邦画

東京闇虫 第二章

借金まみれの若者が裏社会の闇へ転落していく姿を描く本田優貴原作の同名コミックを実写映画化。テレビ「仮面ライダーW」でブレイクした桐山漣が主人公の若者を熱演。脚本・監督は「東京ゾンビ」の佐藤佐吉。ギャンブルに明け暮れ借金まみれの生活を送る加藤亮は、ある日、ドサ袋に入れられ浅村という男の目の前に連れ出される。借金の形に雇われた加藤に与えられた仕事は、赤い封筒に入れられた金を目的の相手に届けるだけ、というもの。一回五万円というギャラに有頂天の...
2021.04.11
邦画

組長強奪計画

小沢仁志主演による新感覚アクションエンタテインメント。あるサイトの高額報酬のバイト記事に集まった男女4人。その仕事とは「ヤクザの組長を拉致しろ」というものだった。互いの素性を知らない4人は任務を遂行することになるのだが…。
2021.04.10
邦画

殺戮のバイブル

人気ヌードモデル・草凪純を主演に贈る本格アクションドラマ。女殺し屋・レオナは暗殺の依頼を成功させるが、そこへ警察が踏み込んで来る。間一髪で難を逃れた彼女は、依頼主の背後に巨大な臓器密売組織があることを知り、その陰謀を暴いていく。
2021.04.08
邦画

美女奉行 おんな牢秘抄

女の匂いがムンムンする女牢に、姫君お竜と名乗る女が入牢してきた。そこには、嫉妬から木戸番とローソク渡りの女を殺した軽業師、仲間を殺した御家人の新妻、そして花魁を客との心中に見せかけて殺した遊女が死罪を持っていた。いずれの女も罪は認めたものの、何故か詳しいことは一切取り調べでも口にしていなかった。その裏には何かがある・・・お竜の目がキラッと光った。彼女こそ名奉行大岡越前守の娘、霞だったのである。女囚たちの愛欲の陰に見え隠れする謎に、霞は敢...
邦画

許されざる者 (2011)

町は地元組織の後藤田組と、産廃の土地を狙う蛭子組の子飼の争いに巻き込まれていた。温泉と争いしかない田舎町に、独りの男がフラリと現れる。その男は、妻と子供を惨殺された元マル暴担当の男(白竜)。人生をムチャクチャにしたヤクザに復讐を果たすこと。男はその只1つの目的の為、銃弾の中へ飛び込んでいく……。
2021.04.07
邦画

影と呼ばれた男たち

紀藤竜次(白竜)は元公安刑事で、今はセキュリティコンサルタント社長である表の顔と、重大事件の容疑者を始末する「闇の執行人」としての裏の顔を持っていた。紀藤の元には元ハッカーや極道といった変わり者ばかりが働いている。紀藤は頻発しているアポ電強盗の元締めを突き止めるため、実行犯たちを探す。居場所を突き止めた紀藤はそこで謎の男・風間耕平(中村獅童)と出会う。対峙する紀藤と風間―。紀藤は行きつけのバーに風間を連れて行った。風間は紀藤の元同僚であ...
邦画

強奪6億円…

極道の海老沢(中野英雄)はがんじがらめの暴対法のせいで“シノギ”に悪戦苦闘していた。そんなある日、常連のパチンコ店で会ったバズー(宮崎貴久)と名乗る若者から、立川の警備保障会社に眠る現金“6億円”の存在を知る。海老沢は仁義のために6億円強奪事件を決行するのだった。
2021.04.06
タイトルとURLをコピーしました