邦画ラブロマンス

邦画

君の好きなうた

ある日、家具職人として働く聡介(郭智博)は、結婚を前提に付き合っていた恋人(菜葉菜)に突然別れを告げられる。そんな折り、神戸から大学時代の友人知加子(山口尚美)が上京してきて、2人はまるで学生時代に戻ったかのように同居生活をスタートさせる。聡介はマイペースな彼女に翻弄(ほんろう)されながらもそれを楽しんでいたが……。
邦画

死んでもいい (1992)

劇画家・石井隆の「天使のはらわた 赤い眩暈」に続く監督第2作目。青年がふとしたことから人妻に惚れてしまったことから、激しい愛憎の渦に巻き込まれていく様を描いたハードなラブ・ストーリー。気まま旅を続ける信は、ある日、名美と出会いひと目ぼれする。そのまま名美の働く不動産屋を訪れ、アパートを借りる。信は名美にアパートに案内されたとき、初めて名美が社長の妻であることを知るが、すでに信の気持ちは抑えがたくなっていて……。
2014.05.14
タイトルとURLをコピーしました