邦画ラブロマンス

邦画

ADULT~24歳の恋~

無職の24歳、多美子(あんり)は、誕生日を境に自分を変えることを決め、まず処女を捨てることにする。多美子は、出会い系サイトで知り合った誠(藤沢大悟)とホテルへ行くも同性愛者である誠に拒否された上に、誠が尊敬するゲイ小説家・和也(草野イニ)を捜すことになるが、次第に誠に惹(ひ)かれていく自分に気付いてしまい……。
邦画

もう頬づえはつかない

見延典子の同名ベストセラーを、東陽一監督が桃井かおり主演で映画化した、自立した女性の恋愛を描いたドラマ。早大文学部に通うまり子は、アルバイト先で知り合った同じ大学の橋本と同棲していた。そんなある日、以前つきあっていたルポライターの恒雄が戻ってきた……。桃井かおりが、何ごとにも情熱を持てない“シラケ世代”の若者の感覚をみごとに体現した演技で高い評価を受けた。
2014.08.22
邦画

離婚しない女

連城三紀彦の同名小説を、神代辰巳が高田純とともに脚色し監督。倍賞千恵子と倍賞美津子が姉妹共演を果たした。千恵子が恋に積極的な女、美津子が恋に踏み切れない女と、それぞれそれまでのイメージを覆す役柄を演じ話題を呼んだ。 啓一は山川に誘われ釣りに出かけた帰り、山川の後妻の美代子と会った。その翌日、啓一は列車で高井由子という女性と知り合う。美代子も由子も人妻だが、啓一はそんな彼女のたちに惹かれていた。啓一は夫との関係が冷え切っていた美代子と結ば...
2014.08.13
邦画

赤ちょうちん

フォーク・グループ“かぐや姫”の同名ヒット曲をモチーフに、都会の片隅で同棲するカップルが、さまざまな障害にぶつかりながらもひたむきに生きる姿を描いた異色の青春映画。有料駐車場に勤める修はある日、街で知り合った少女・幸枝と同棲を始めた。しかし、数日後、二人が外出先から戻ってみると、見知らぬ中年の男が部屋に上がりこんでいて、腹痛を理由にそのまま居候状態になってしまう……。
邦画

ラブ・ストーリーを君に

主人公の由美は新体操の好きな中学2年生。両親は離婚し、母親(佐藤友美)が料理教室で働きながら由美を育てている。しかし、それでも明るさを失わない活発な少女であった。だが、由美は白血病にかかり、生命予後不良を宣告されてしまう。由美の元家庭教師で大学山岳部員の明(仲村トオル)は由美の母親や主治医(露口茂)に乞われ、しばしば由美の元を訪ねるように。だが、すでに死を覚悟していた由美はそんな周りの人々のやさしさに苛立ちを覚え始め……。
邦画

桜並木の満開の下に

東日本大震災後も、栞(臼田あさ美)は茨城県日立市のプレス工場で夫(高橋洋)と共に働きながら、平凡だが満ち足りた日々を送っていた。だが、ある日、最愛の夫が作業中の事故に巻き込まれ、帰らぬ人となってしまう。その原因を作った新人の工(三浦貴大)は、一人になった栞にどれだけ憎まれようとも、ただひたすら許しを乞い続け……。
邦画

憎いあンちくしょう

北大作(石原裕次郎)はマスコミから追いまわされる「現代のヒーロー」で、映画出演、テレビ座談会、司会、原稿執筆等々、一分一秒まで予定で埋っている。そんな彼を支配するのは、マネジャー兼恋人の榊典子(浅丘ルリ子)という近代娘。二人は二年前から「ある瞬間」がくるまで、指一本ふれないという約束をかわしている。時間で動く機械のような生活に倦怠を感じている大作の前に、井川美子(芦川いづみ)が現れて情勢は一変した・・・。
邦画

恋文日和

ひそかに主任の鈴森(大倉孝二)を想う美子(中越典子)だったが、鈴森は毎週金曜日に来店する女性客に心をときめかせていた……。(「便せん日和」より)
邦画

五番町夕霧楼 (1980)

水上勉による文芸大作を映画化した官能ラブロマンス。貧しい家族を救うために与謝半島の実家を出て、京都の五番町夕霧楼で働くことになった夕子は、鳳閣寺で修行をする幼馴染みの正順と再会を果たすが…。
邦画

彩愛 -saiai-

純愛とは何なのか?その答えがここに!!主演ヒロインの河野彩花にはグラビアアイドルとしても活躍中の大型新人「井上うらら」が体当たりの演技を披露。 立川浩介役には正統派俳優であり格闘家としても名前が売れている「金子賢」が映画のムードを引き立てる その他にも、多田あさみ、森佑佳、平山藍里、小出真衣、北芝健など魅力あるキャスト陣の熱演と、映画業界で最近注目されている遠藤一平監督が、純愛ストーリーを紡ぎ出す。
邦画

君の好きなうた

ある日、家具職人として働く聡介(郭智博)は、結婚を前提に付き合っていた恋人(菜葉菜)に突然別れを告げられる。そんな折り、神戸から大学時代の友人知加子(山口尚美)が上京してきて、2人はまるで学生時代に戻ったかのように同居生活をスタートさせる。聡介はマイペースな彼女に翻弄(ほんろう)されながらもそれを楽しんでいたが……。
タイトルとURLをコピーしました