邦画ラブロマンス

邦画

暗いところで待ち合わせ

3年前の事故が原因で両目の視力を失くし、実の父親も病気で亡くしたミチル(田中麗奈)。世間から取り残されたように1人静かに暮らしていたある日、ミチルの家の近くにある駅のホームで殺人事件が起こる。やがて、容疑者の青年アキヒロ(チェン・ボーリン)がミチルの家に逃げ込み、奇妙な同居生活が始まってしまい……。
2021.04.05
邦画

ストロベリーショートケイクス

デリヘル店の電話番として働く里子(池脇千鶴)は、恋の訪れを待ちわびる毎日を送っていた。そんな里子が憧れるデリヘル嬢の秋代(中村優子)は、同級生の菊地(安藤政信)に思いを寄せながらも恋心を伝えられないでいた。一方、ふたりで同居するOLのちひろ(中越典子)とイラストレーターの塔子(岩瀬塔子)もそれぞれ日々に悩んでいて……。
2021.04.05
邦画

探偵物語 (1983)

赤川次郎の同名小説を「戦国自衛隊」の鎌田敏夫が脚色し「俺っちのウェディング」の根岸吉太郎が監督した青春映画。殺人事件の調査を通じて少女が大人に成長していく姿を描く。薬師丸ひろ子と松田優作の「年の差」プラス「身長差」カップルが話題に。ラストのキスシーンも印象的。 父が待つアメリカへの出発を一週間後に控えた女子大生の新井直美。憧れの永井先輩に誘われホテルへ向かった直美だったが、直美の伯父を名乗る男が飛び込んできて永井を追い出してしまう。男は...
2021.03.31
邦画

ダイアモンドは傷つかない

奥さんも愛人もいる人と恋人同士。いまは──なんとなく、い・っ・し・ょ。酒と女のために予備校をかけもちする中年講師との関係を通して、ひとりの女子大生が現代人の孤独感を味わい、成長していく姿を映像の詩人・藤田敏八が描いた話題作。三石由起子の早稲田文学賞作品の映画化。
2021.03.30
邦画

東京公園

カメラマンを目指す光司(三浦春馬)は東京の公園を巡り、家族写真を撮りためていた。ある日、彼がいつものように被写体に向けてシャッターを切っていると、突然現れた男性(高橋洋)に難癖をつけられる。ところが後日その男性から連絡が入り、公園に娘連れで出掛けるある女性(井川遥)を尾行し、その写真を撮ってほしいと依頼され……。
2021.03.30
邦画

空気人形

レトロなアパートで秀雄(板尾創路)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)に、ある日思いがけずに心が宿ってしまう。人形は持ち主が仕事に出かけるといそいそと身支度を整え、一人で街歩きを楽しむようになる。やがて彼女はレンタルビデオ店で働く純一(ARATA)にひそかな恋心を抱き、自分も彼と同じ店でアルバイトをすることに決めるが……。
2021.03.29
邦画

天使じゃないッ!2

丘田の部屋に更に、二人の天使じゃなく、悪魔が舞い降りた!見習い悪魔のセーレに振り回される毎日だが、更に二人の悪魔アミーとラビアが現れたことで、家でも学校でもややこしさMAXの波乱の日々となる。更に、教室で制服盗難の犯人に疑われてしまう丘田は、セーレの力を借りて、汚名を晴らすべくタイムスリップして過去に戻り犯人を追うのだった…。
邦画

すべては海になる

書店員の夏樹(佐藤江梨子)が自分の経験を反映して作った独自の本棚が好評を呼び、その本棚に魅了された客で店内はにぎわっていた。ある日、その中の客で中年の女性が事件を起こし、それが縁で夏樹は彼女の息子、光治(柳楽優弥)と出会う。光治も本を支えに生きていることを知り、二人はかけがえのない関係になっていく。
2021.03.26
邦画

横たわる彼女

両親の蒸発により、広い一軒家に2人で暮らしてきた姉・桃子(小松彩夏)と妹・みどり(相楽樹)。しかし、みどりがこの世を去ってしまう。桃子とみどりの恋人だったかずみ(木村了)は、深く悲しんでいた。ところが亡くなったはずのみどりの姿が、桃子とかずみには見えていて……。
2021.03.24
邦画

アオハライド

中学時代、お互いに特別な思いを抱きながらも何も進展させることができないまま、離れ離れになった双葉(本田翼)と洸(東出昌大)。それをどこかで引きずりながら高校1年生になった双葉だったが、洸とまさかの再会を果たす。しかし、以前の彼からは想像もつかないそっけない態度や言動に戸惑いを覚えてしまう。それでも洸と向き合ううちに、ふと見せる昔のままの優しさに安堵(あんど)する双葉。やがて彼女は、自分の気持ちが再び洸に向き始めていることに気が付き……。 ...
2021.03.21
邦画

宮城野

時は江戸、薄汚れた女郎の処刑が行われようとしている。女の名は宮城野。罪名は東洲斎写楽殺し。その罪を決定づけたのは、宮城野が持っていた一枚の絵。写楽が描いたというその絵の名も、何の因果か、宮城野だった。わずか、十か月の間に百数十点もの絵を残して、忽然と姿を消した、浮世絵師・東洲斎写楽。実在の人物でありながら、その謎は今なお、闇に包まれている。
2021.03.21
タイトルとURLをコピーしました