邦画

邦画

幼少期に母親が他界し、現在は理学療法士として働く高野雅哉(三浦貴大)は、父の稔(鶴見辰吾)や妹の遥(白石聖)とは別々に暮らしていた。ある日、彼が勤務する病院に、しばらく顔を見ていなかった父が入院することになる。担当患者の病状が思うように改善されず、日を追うごとに弱っていく父の姿を見るにつけ、雅哉は心を痛める。
邦画

心中天使

ある晴れた日の午後、空からアイ(尾野真千子)の心の中に突然何かが落ちてくる。同じころ、会社員のユウ(郭智博)と高校生のケイ(菊里ひかり)も彼女とまったく同じ体験をし、そのまま倒れて一瞬気を失ってしまう。3人ともすぐに意識を取り戻すが、そのことがあって以来、どこかざわざわと気持ちが落ち着かない日々が続く。
2021.10.27
邦画

極道の紋章 第十九章

関西共友会と関東睦会は、壮絶な覇権争いの末、終に手打ちとなった。しかし関東睦会では、初代会長・権藤の死後、二代目の跡目問題が勃発。桐生(小沢仁志)のやり方に反旗を翻す勢力が、東北に侵攻を開始する。関西・関東が介入していない東北での戦争を望まない桐生は、東北侵攻を阻止しようと試みるが、津浪(白竜)たち関西共友会は、その隙を攻め入るように・・・! ついに勃発する東北戦争! ! 全国制覇を遂げるのは、果たして・・・風雲急を告げる、大ヒットシリーズ第19章...
2021.10.27
邦画

やくざの女

男運のない女・美沙(吉沢明歩)。スナックで揉めていた所をヤクザの竜二(石川ゆうや)に助けられる。ヤクザを毛嫌いしている美沙だったが、竜二の人柄に次第に惹かれていくのであった。そんな中、元カレ・明(坂城君)の借金の連帯保証人となってしまった美沙は、ヤクザから借金の肩代わりに組長の女になれと迫られる。追いつめられた美沙は龍二、ヤクザ、元カレを巻き込む人生再起を賭けた計画を思いつくのだった!! 情念と暴力にまみれた大人の愛を、吉沢明歩が艶やかに魅...
2021.10.27
邦画

恋愛戯曲 ~私と恋におちてください。~

あるテレビ局のスペシャルドラマの台本を執筆中の人気脚本家・谷山真由美(深田恭子)は、締め切りを過ぎても1行も書けないスランプに陥っていた。テレビ局は、あろうことかさえない制作プロデューサーの向井(椎名桔平)を彼女のもとに送り込む。「何でもするから脚本を書いて」と懇願する向井に、谷山は「わたしと恋に落ちて!」と迫るのだった……。
2021.10.27
邦画

ブラインド・ラブ 言い出しかねて

ある日、腹話術師・大助のもとに彼のファンであるという女・ヒカリがやってくる。盲目の彼女はすぐそばで大助の声を聞きながら、そこに居合わせた大助の弟子・洋一の匂いを大助のものと勘違いしてしまう。洋一の匂いを大助のものと思っているヒカリは洋一を憧れの大助と信じ込んで一夜を共にしてしまう。
2021.10.26
邦画

実録・薬物の代償 ~性に溺れた女~ 2

骨までシャブられるからシャブっていうんだよ・・・【香織編】香織は同窓会の帰りに仲間たちと一緒に、同級生の純一のマンションで飲みなおす事になった。夫が海外出張だったこともあり、香織はノリでついていくことに。しかし、純一に酔い覚ましとして飲まされた薬に、覚せい剤が入っていた。純一から無理やり関係を迫られたが、覚せい剤の影響でそれが快楽へと変わっていった・・・。【北川編】カウンセラーの北川は学生時代から真面目に勉強をして将来有望の病理医だった...
2021.10.26
邦画

つぼみ斬魔剣 宿命の生娘剣士

時は、江戸。これまで封じ込められていた淫らな魔物が次々と甦り、町人たちを襲っていた。そんな魔物を退治する宿命を背負うのが、第十五代斬魔剣士として生まれた紅つぼみ。紅一族に代々伝わる魔物を断つ斬魔刀は生娘しか扱えない。それゆえ、つぼみの貞操ふんどしには結界が張られているのだった。
2021.10.26
邦画

新・広島やくざ戦争 武闘派列伝

服員兵・山上功治はテキ屋・村西正春から瀕死の暴行を受ける。村西組と対立していた博徒・岡島に拾われた山上は、闇市を巡り勃発する両者の抗争の中、岡島の盃を受ける―――全面戦争に突入する岡島VS村西!!
2021.10.26
邦画

日本統一35

舎弟頭の馬場(桑田昭彦)の生存に驚く侠和会の幹部たち。退院して、すぐ幹部会に参加した馬場は川谷(小沢仁志)に植木(永倉大輔)を弾いた「みちのく一家」への報復を止めるように願い出る。馬場は昔みちのく一家の総長・春日巳代松(渡辺哲)に助けられた恩があり、今回の件を収めるように氷室たちにも頭を下げる。氷室(本宮泰風)は春日に直接会って話そうとするが春日の頑固さ故、弾かれた張本人の植木でさえ気が進まなかった。春日の家に出向く氷室と田村(山口祥行...
邦画

しびれる ~サラシを巻いた白い肌~

母と寿司屋を切り盛りするお久は、美しく色っぽい容姿と料理の腕で「色包丁」と呼ばれていた。彼女には父に性的虐待を受けた過去があり、男を愛せずにいた。そんなお久は謎めいた信吉という板前と運命的な出会いを果たし…。
タイトルとURLをコピーしました