邦画

邦画

新・極道の紋章3

元・山倉組若頭のカリスマ極道・武満(白竜)は頼三(的場浩司)を侠の頂きに押し上げるべく、美濃部組相談役として渡世に復帰するのであった。そんな中、美濃部組の脅威に対抗すべく反目組織らは宝竜会々長・串田を理事長とする“関東斯道睦連合会”を立ち上げる。互いの睨み合いが続く中、宝竜会を破門された元・若頭天野が次々と清志郎(虎牙光揮)の手下である半グレらを殺し始めるのであった。怒れる清志郎は単身、宝竜会へ乗り込むのであった。
2021.01.17
邦画

ファンタズム (2014)

江草圭一の息子の拓海が謎の事故で死んでしまう。それから一年、妻の恭子は拓海の死から立ち直ることが出来ず、家族に内緒で降霊術師を雇い、死んだはずの拓海の「声」を聞くのであった。そして、さらに強力な降霊術を施すため、あるトンネルに向い拓海の霊を呼び寄せるのであった……。
2021.01.17
邦画

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒

1999年。地球は異常事態に見舞われていた。人を喰う巨大怪鳥ギャオスが、世界各地で大量発生、被害が急速に拡大していた。女性鳥類学者の長峰真弓(中山忍)は、4年前、人類を恐怖に突き落としたギャオスに遭遇して以来、その災禍をくい止めるため、生態研究をすすめていた。が、謎は深まるばかりだった…。
2021.01.17
邦画

RED SHADOW 赤影

戦国大名達が戦に明け暮れていた戦乱の世。彼らに仕える忍者の中に“影一族”と呼ばれる忍者集団があった。彼らは戦国大名・東郷に仕え、天下統一のためにあらゆる任務を忠実にこなしながら“無敵の鋼”と呼ばれるいかなる物質よりも高い強度を誇る金属で武器と防具を作り、不思議な忍術を会得していた。しかし永い時を経てその“無敵の鋼”は散逸して術を使える者も次第に減り、影一族の正当な後継者は頭領、白影の下に残る赤影、青影、飛鳥の三人の若者を残すのみとなって...
2021.01.17
邦画

修羅場の侠たち 伝説の愚連隊・盟朋会

大阪・鶴橋の国際マーケットを根城に、韓国・朝鮮系の若者を中心に結成された新興愚連隊・盟朋会は、昭和三十年代に入ってミナミにも進出、急速に勢力を伸ばし、やがて構成員は1000人を超えるほどに膨れ上がった。数多くの組織が縄張り争いを繰り広げるミナミに強引に割り込み、老舗のヤクザ組織も恐れをなすほどの武力集団となった盟朋会の中にあって、組員・安田アキラ(小沢和義)の容赦ない暴れっぷりもまた、熾烈を極めていた。だが、そんな中、日本制覇を目指し破竹の...
2021.01.17
邦画

闇刻の宴

仲居として旅館で働く女性。ある部屋に飾られた絵を見た彼女は、描かれている少女を見たことがあると感じる(『うつしえ』)。娘を虐待する自分に悩む主婦の美里。ある日、郊外に格安の一戸建てを見つけて興味を覚えるが……(『子の棲む家』)。あまりの暑さに、窓を開けて昼寝する女。やがて誰かがベランダから入り込んだ気配がすると同時に、体が動かなくなる(『36℃の視線』)。何者かに監禁されたアカリ。時間だけが過ぎていく中、彼女の精神は疲弊していき……(『幽...
2021.01.17
邦画

燃えよカンフーガール

人里離れた山奥で日々修行に励む龍子。龍子は本格的に僧の道を行くことになる前に、小さい頃に生き別れた母を一目見たいと山を下りることを決心する。街はギャルが溢れかえっている。都会に馴染めず戸惑う龍子は、イタリアンレストランのシェフ聡に助けられたことをキッカケに、この店でバイトとして働きながら母を探すことにする。裏組織・道明寺拳武会は大規模な都市開発に伴い邪魔になったレストランを潰しにかかり、次々と刺客がおくられてくる。龍子は教えを破り、店を...
2021.01.16
邦画

ゴンドラ

伊藤智生の第一回監督作品。詩人の谷川俊太郎や記録映画作家の羽田澄子などから支持され、内外の賞を多数受賞した。伊藤智生はその後“TOHJIRO”という名前で、アダルトビデオの世界で活躍。 良は毎日ゴンドラに乗って東京のビルを掃除していた。小学校5年生のかがりは学校のプールの時間に初潮を迎え、同級生からからかわれる。マンションに帰ったかがりは、飼っていた文鳥が傷ついていることに気づいた。ちょうどマンションの窓を掃除していた良は、かがりと動物病院へ行...
2021.01.16
邦画

ミスミソウ

東京から田舎に転校してきた野咲春花(山田杏奈)は、学校でひどいいじめを受けていた。唯一心を許せる存在は、同じ転校生の相場晄(清水尋也)だけだった。彼の存在を頼りに学校生活を送っていた春花だったが、いじめはどんどんひどくなっていく。ある日、彼女の自宅が火事になってしまい……。
2021.01.16
邦画

二代目はニューハーフ

巽一家の組長が病に倒れ、15年前に失踪した息子(ベル)に跡目を継がせろと言い残して逝去する。遺言を守ろうと息子の行方を探ることにした、若頭の竜(小沢仁志)をはじめとする巽一家。やっと息子を見つけ出すことができたものの、何と彼はニューハーフとなっていた。言動から思考まで、全てが女性のものになっている二代目に振り回されっぱなしの竜たち。そんな中、敵対する本城会が巽一家のシマを奪おうと策略を張り巡らせていた。
2021.01.16
邦画

実録・暴走族 BLACK EMPEROR

『カミナリ族』からいくつかの経緯を経て『暴走族』へと進化していった彼らは、性格も『走り』から『暴力』へと変化した。やがて、1970年代に入ると『暴走族』は、全国に広まり、各地で対立抗争が勃発していった。そんな時代、構成人数2000人を誇る『ブラックエンペラー』も警察の制圧を受けるのであった。1978年11月25日道交法改正に伴い、『最後の土曜日』を迎える事になったのだが……。
2021.01.16
タイトルとURLをコピーしました