洋画洋画ドラマ

ソン・ランの響き

洋画

SONG LANG
製作年度:(2018)
製作国:ベトナム

出演:リエン・ビン・ファット, アイザック
監督:レオン・レ

解説

本作で長編監督デビューを飾ったレオン・レがメガホンを取ったヒューマンドラマ。ベトナムの大衆歌舞劇カイルオンを背景に、二人の男性の間に芽生える淡い絆を描く。取り立て屋の主人公をリエン・ビン・ファット、カイルオンの役者をアイザックが演じるほか、スアン・ヒエップらが共演。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』などに出演したンゴー・タイン・バンがプロデューサーを担当する。タイトルの「ソン・ラン」はベトナムの民族楽器。

あらすじ

1980年代のサイゴン(現ホーチミン)。借金の回収をしているユン(リエン・ビン・ファット)は、その凶暴性ゆえに人々から恐れられていた。ある日彼は、大衆歌舞劇カイルオンの劇場に取り立てに行くが、楽屋にいた団長に借金の返済を断られる。ユンは舞台衣装にガソリンをまいて火をつけようとするが、劇団の若手花形スターのリン・フン(アイザック)に止められる。

タイトルとURLをコピーしました