洋画洋画アクション洋画サスペンス洋画犯罪

アクト・オブ・バイオレンス

洋画

ACTS OF VIOLENCE
製作年度:(2018)
製作国:アメリカ

出演:コール・ハウザー, ブルース・ウィリス, ショーン・アシュモア
監督:ブレット・ドノフー

解説

ブルース・ウィリスが人質を救出するために奮闘するベテラン捜査官を演じるクライムアクション。大切な女性を奪われた男たちと捜査官が、巨大な闇の組織を追い詰める。出演はブルースのほか、『タイガーランド』などのコール・ハウザーや『X-MEN』シリーズなどのショーン・アシュモアら。製作・出演の『スピーク』のほか、監督作もあるブレット・ドノフーがメガホンを取る。

あらすじ

デクラン(コール・ハウザー)とブランドン(ショーン・アシュモア)は、弟のローマン(アシュトン・ホームズ)の婚約者を誘拐した組織と銃撃戦になる。負傷した彼らが家に戻ると、ブランドンの愛妻が惨殺されていた。復讐(ふくしゅう)を誓う彼らに、同じ闇組織を追う捜査官エイヴリー(ブルース・ウィリス)が協力することになり……。

タイトルとURLをコピーしました