洋画洋画コメディ洋画ドラマ

最高の花婿 アンコール

洋画

QU’EST-CE QU’ON A ENCORE FAIT AU BON DIEU?
SERIAL (BAD) WEDDINGS 2
製作年度:(2018)
製作国:フランス

出演:クリスチャン・クラヴィエ, シャンタル・ロビー, アリ・アビタン
監督:フィリップ・ドゥ・ショーヴロン

解説

保守的なブルジョワ家庭の娘たちが異国の男性と結婚して起こる騒動を描いた『最高の花婿』の続編。娘たちの両親が、パリ暮らしに不安を抱く婿たちの移住計画を阻止しようとする。両親を演じるクリスチャン・クラヴィエとシャンタル・ロビーをはじめ、メディ・サドゥン、フレデリック・チョー、フレデリック・ベルら前作のキャストが集結。監督はフィリップ・ドゥ・ショーヴロンが再び担当した。

あらすじ

4人の娘が外国人と結婚したヴェルヌイユ夫妻(クリスチャン・クラヴィエ、シャンタル・ロビー)は、義理の息子たちの実家を訪ねるため世界をめぐる旅に出る。だが旅から帰ってくると、婿たちはパリでの生活や仕事に不安を募らせ海外への移住を考えていた。家族が離れ離れになることを受け入れられないヴェルヌイユ夫妻は、何とかして婿たちを引き留めようと奔走する。

タイトルとURLをコピーしました