洋画洋画サスペンス洋画ミステリー洋画犯罪

特捜部Q カルテ番号64

洋画

JOURNAL 64
THE PURITY OF VENGEANCE
製作年度:(2018)
製作国:デンマーク / ドイツ

出演:ニコライ・リー・コス, ファレス・ファレス, ヨハンネ・ルイーズ・スミット
監督:クリストファー・ボー

解説

ユッシ・エーズラ・オールスンの「特捜部Q」シリーズ映画化第4弾のミステリー。未解決事件の調査に当たる特捜部Qの刑事たちが、ある失踪事件を捜査する。特捜部Qのコンビを、ニコライ・リー・コスとファレス・ファレスが続投。『恋に落ちる確率』などのクリストファー・ボーがメガホンを取り、脚本を本シリーズや『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』などのニコライ・アーセルが務めた。

あらすじ

いまだ解決されていない事件を担当するコペンハーゲン警察の新部署「特捜部Q」は、1980年代に起きたナイトクラブのマダムの失踪事件に着手する。ほぼ同じ時期に失踪者が5人いることも判明し、カール警部補(ニコライ・リー・コス)が捜査に乗り出す。やがて、1人の老人と新進政党の関係者が捜査線上に浮かぶ。

タイトルとURLをコピーしました