邦画邦画ヤクザ

極道の門 第七部

邦画

製作年度:(2020)
製作国:日本

出演:木村一八, 下元史朗, 加納竜
監督:金澤克次

解説

二代目大政組若頭・村田龍治(木村一八)の元に、太田黒豊大(小中文太)が東竜会・片山組々員3名を射殺したと言う一報が入った。豊大は逃走、大阪府警は全国指名手配でその行方を追っていた。一方、東竜会執行部は主流派と反主流とが、直参・片山大吾の責任問題を巡って激しく対立していた。その一方では、二代目大政組々長・鹿島剛介(下元史朗)は、渡世上やむなく太田黒豊春を殺害した経緯から、因果応報の倣いとは言え、その子・豊大が死に直面している現実に、侠客として言い得ぬ心の疼きを感じていた。そんな中、当の豊大は意外な処に逃げ込んでいた…。

タイトルとURLをコピーしました