邦画邦画SF

LAPSE ラプス

邦画

製作年度:(2019)
製作国:日本

出演:柳俊太郎, 内田慈, 比嘉梨乃
監督:志真健太郎 他

解説

『青の帰り道』『デイアンドナイト』などに携ってきたクリエイティブチーム「BABEL LABEL」が放つオムニバス。『TOKYO CITY GIRL-2016-』の1編を担当した志真健太郎、『想像だけで素晴らしいんだ-GO TO THE FUTURE-』などのアベラヒデノブ、映像制作チーム「HAVIT ART STUDIO」による未来を舞台にした3編の物語が展開する。『チェリーボーイズ』などの柳俊太郎、『ラーメン食いてぇ!』などの中村ゆりか、『サラバ静寂』などのSUMIREらが出演。

あらすじ

政府による徹底した教育管理が行われている2062年。5歳のときに教育機関エルサから20年後に母を殺すと宣告されたアマは、やがて25歳の誕生日を迎える(『SIN』)。自分がクローン人間の失敗作だと告げられたヒトシジュニアは、失敗作は廃棄されると知る(『失敗人間ヒトシジュニア』)。ヨウは、人工知能による延命治療を受ける祖母を見守っていた。あるとき、法律改正で延命治療が中止になることが決まる(『リンデン・バウム・ダンス』)。

タイトルとURLをコピーしました