洋画洋画サスペンス

キラー・イン・ファミリー

洋画

KILLER IN LAW
製作年度:(2018)
製作国:アメリカ

出演:ケリー・サリヴァン, ナナ・ヴィジター, ブレット・ジマーマン
監督:ダニー・J・ボイル

解説

早くに娘を亡くし、精神を病んで疎遠になっていた母親が、幸せに暮らしていた息子家族の前に突然現れる。さらに彼らのもとで居候を始めたことから、息子夫婦と幼い娘、そして周囲の人々までが危険に晒されることに。優しい笑顔で唯一の家族に近づいてきた女によって、幸せな家族が恐怖に晒されるサスペンス・スリラー! 主演は、『ボーイフレンド・シークレット』のケリー・サリヴァン。娘を守ろうと奮闘する母親役を熱演。また、『テッド2』やTVドラマ「スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン」でキラ・ネリス役を演じたナナ・ヴィジターの迫真の演技に目が離せない!

タイトルとURLをコピーしました