洋画洋画ドラマ洋画青春

タナー・ホール 胸騒ぎの誘惑

洋画

TANNER HALL
製作年度:(2009)
製作国:アメリカ

出演:ルーニー・マーラ, ジョージア・キング, ブリー・ラーソン
監督:フランチェスカ・グレゴリーニ 他

解説

『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラ、『ルーム』などのブリー・ラーソンらが共演した青春ドラマ。全寮制の女学校で、成長していく少女たちの日々を描写する。ヒロインの思い人を『ラ・ラ・ランド』などトム・エヴェレット・スコットが演じ、ルームメイトを『インヒアレント・ヴァイス』などのエイミー・ファーガソンが好演。

あらすじ

フェルナンダ(ルーニー・マーラ)は、ニューイングランドにある全寮制の女子校タナー・ホールで最終学年を迎える。彼女は仲のいいケイト(ブリー・ラーソン)やルーカスタ(エイミー・ファーガソン)らと楽しく過ごしていたが、幼なじみのトラブルメーカー・ヴィクトリア(ジョージア・キング)が現れる。

タイトルとURLをコピーしました