洋画洋画SF洋画アクション洋画コメディ

ロボット2.0

洋画

2.0
製作年度:(2018)
製作国:インド

出演: ラジニカーント, アクシャイ・クマール, エイミー・ジャクソン
監督: シャンカール

解説

インド映画界屈指のスター、ラジニカーントが主演を務めた『ロボット』の続編。無数のスマートフォンから生まれた巨大怪鳥が暴れる中、科学者がロボットのチッティを復活させて戦いに挑む。ラジニカーント出演作『ボス その男シヴァージ』などのシャンカールが前作に続いてメガホンを取る。『パッドマン 5億人の女性を救った男』などのアクシャイ・クマール、『マッスル 踊る稲妻』などのエイミー・ジャクソンらが共演。

あらすじ

インド全国からスマートフォンが消失し、携帯電話業者や通信大臣が次々と殺される。バシー博士(ラジニカーント)は消えたスマートフォンの行方を助手ニラー(エイミー・ジャクソン)と共に調査すると、それらが合体して巨大怪鳥に姿を変えていたことがわかる。怪鳥は人々に襲い掛かり軍隊が出動するが、圧倒的パワーを前に何もすることができない。これ以上の被害を出すわけにはいかないと、バシー博士は封印していたロボット・チッティを復活させようとする。

タイトルとURLをコピーしました