洋画洋画アドベンチャー洋画ドラマ

彷徨える河

洋画

EL ABRAZO DE LA SERPIENTE
EMBRACE OF THE SERPENT
製作年度:(2015)
製作国:コロンビア / ベネズエラ / アルゼンチン

出演: ヤン・ベイヴート, ブリオン・デイヴィス, ニルビオ・トーレス
監督: シーロ・ゲーラ

解説

第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた、20世紀初頭の白人探検家の手記をモチーフにアマゾン流域の先住民文化を描いた壮大なドラマ。先住民の生き残りである孤独な男性が、治療のためにやって来た2人の白人と出会い、アマゾン川をさかのぼる旅をする姿を過去と現在を交錯させながら映す。監督は、本作により「Variety」の 10 Directors to Watch に選ばれたシーロ・ゲーラ。モノクロで捉えたアマゾンの自然の美しさや、幻想的な世界観に息をのむ。

あらすじ

アマゾン川流域のジャングルで暮らす先住民族唯一の生き残りでシャーマンのカラマカテ(ニルビオ・トーレス)のもとに、重病のドイツ人民族誌学者がやって来る。白人を嫌うカラマカテは治療を拒否するものの、幻の聖なる植物ヤクルナを見付けるために、アマゾン川に出る。数十年後、記憶や感情を失ったカラマカテ(アントニオ・ボリバル・サルバドール)のところにアメリカ人植物学者が訪れ、カラマカテは再びヤクルナ探しに出発する。

タイトルとURLをコピーしました