洋画洋画ドラマ洋画戦争

ヒトラーの忘れもの

洋画

地雷と少年兵
UNDER SANDET
LAND OF MINE
製作年度:(2015)
製作国:デンマーク / ドイツ

出演: ローランド・ムーラー, ミケル・ボー・フォルスゴー, ルイス・ホフマン
監督: マーチン・サントフリート

解説

第2次世界大戦終了後、ドイツ兵捕虜がデンマークで地雷処理に動員されたという史実を基に描くドラマ。恐ろしい体験を共有するうちに、戦時中は敵同士だったドイツ兵捕虜とデンマーク人軍曹が次第に人間として距離を縮めていく過程を丁寧に描写する。デンマークのマルティン・サンフィリートが監督と脚本を担当。人間の善と悪の二面性を浮き彫りにする物語に引き込まれる。

あらすじ

ナチスドイツが降伏した後の1945年5月、デンマークの海岸にドイツ軍が埋めた地雷を撤去するため、ドイツ兵の捕虜が投入される。まだ幼さの残る10代の少年兵たちを監督するデンマーク軍軍曹ラスムスン(ローランド・ムーラー)は、徹底して彼らをこき使おうとする。だが、少年兵たちは誤爆や撤去作業の失敗で次々と命を落とし……。

タイトルとURLをコピーしました