洋画洋画アクション洋画戦争

1944 独ソ・エストニア戦線

洋画

1944
製作年度:(2015)
製作国:エストニア / フィンランド

出演: クリスティアン・ウクスクラ, カスパール・フェルベルク, マイケン・シュミット
監督: エルモ・ヌガネン

解説

1939年、独ソ不可侵条約が両国の間で結ばれて間もなく、ドイツがポーランドに侵攻して第2次世界大戦が勃発。ソ連も東欧に侵攻し、翌1940年、エストニア等のバルト3国を併合するが、1941年、ドイツは不可侵条約を破ってソ連との戦いに踏み切り、独ソ戦が始まることに。1944年、ともにエストニア人の2人の若者のうち、カールはソ連の赤軍、そしてユーリはドイツ軍の一員として、戦場で向き合う運命と相成る。

タイトルとURLをコピーしました