洋画洋画ドラマ

グロリアの青春

洋画

GLORIA
製作年度:(2013)
製作国:スペイン / チリ

出演: パウリーナ・ガルシア, セルヒオ・エルナンデス, ディエゴ・フォンテシージャ
監督: セバスティアン・レリオ

解説

結婚や子育て、離婚を経験したキャリアウーマンの58歳の女性をヒロインに、新しいパートナー、息子や娘との関係を赤裸々に描くチリ発のヒューマンドラマ。仕事をこなし、余暇にはダンスを楽しむ中年女性がある男性と出会うも、前妻や子どもたちに振り回される相手に失望し、とある行動に出るまでをつづる。監督は、チリの新星セバスティアン・レリオ。主演のパウリーナ・ガルシアは中年の恋愛模様を繊細に演じ、かつ大胆なベッドシーンに挑むなど、その熱演でベルリン国際映画祭主演女優賞を受賞。孤独ながらも力強く生きるヒロインの姿に感動する。

あらすじ

チリの首都サンティアゴに住む58歳のグロリア(パウリーナ・ガルシア)。夫とは10年以上前に離婚。息子や娘も独立し、仕事をしながら自由に暮らしていた。ある日、ダンスホールでロドルフォ(セルヒオ・エルナンデス)に熱い視線を送られたグロリアは、彼と一夜を過ごす。交際をスタートさせた二人だったが、1年前に離婚した前妻や娘に翻弄(ほんろう)されるロドルフォにグロリアはいら立ち始め……。

タイトルとURLをコピーしました