洋画洋画ドラマ洋画ミステリー

名前

洋画

製作年度:(2018)
製作国:日本

出演: 津田寛治, 駒井蓮, 勧修寺保都
監督: 戸田彬弘

解説

「月と蟹」で第144回直木賞に輝いた作家、道尾秀介のオリジナル原案を実写化したドラマ。過去を隠し名前を偽って生きる中年男が、自分を慕う女子高校生と絆を育む姿を映す。メガホンを取るのは『横たわる彼女』などの戸田彬弘。テレビドラマ「食の軍師」などの津田寛治、『心に吹く風』などの駒井蓮、『ローリング』などの川瀬陽太、『淵に立つ』などの筒井真理子らが出演する。脚本は『つむぐもの』『ラオス 竜の奇跡』などの守口悠介が担当。

あらすじ

中村正男(津田寛治)は、経営していた会社をつぶしてしまい、逃れるようにしてやってきた茨城でさまざまな偽名を使って自堕落に生きていた。ある日、正体がバレそうになって追い詰められていた彼のもとに、彼を「お父さん」と呼ぶ高校生の葉山笑子(駒井蓮)が現れる。彼女と暮らすことになった正男は、親子のような関係に平穏を見いだす。やがて、彼は笑子がある事情から自分を生き別れた父だと思い込んでいることを知り……。

タイトルとURLをコピーしました