邦画邦画ドラマ邦画青春

わたしは光をにぎっている

邦画

製作年度:(2019)
製作国:日本

出演: 松本穂香, 渡辺大知, 徳永えり
監督: 中川龍太郎

解説

ドラマ「この世界の片隅に」などの松本穂香がヒロインを演じたヒューマンドラマ。銭湯を手伝う女性が、そこに集う人々との触れ合いを通じて生き方を見いだす。メガホンを取るのは『走れ、絶望に追いつかれない速さで』などの中川龍太郎。共演は『ギャングース』などの渡辺大知をはじめ、徳永えり、吉村界人、光石研、樫山文枝ら。

あらすじ

両親が他界し、長野県・野尻湖のほとりにある民宿を祖母と切り盛りしてきた20歳の宮川澪(松本穂香)は、祖母が入院して民宿を閉めることを余儀なくされる。亡き父の親友・京介を頼って上京した澪は、彼が営む銭湯に居候しながら職を探すが、都会になじむことができない。銭湯を手伝ううちに、映画監督を目指す銀次や会社員の美琴といった常連客と触れ合うようになるが、ある日、区画整理で銭湯が閉店することを知る。

タイトルとURLをコピーしました