邦画邦画ドラマ

ヘヴンズ ストーリー

邦画

製作年度:(2010)
製作国:日本

出演: 寉岡萌希, 長谷川朝晴, 忍成修吾
監督: 瀬々敬久

解説

『感染列島』などの鬼才、瀬々敬久監督が、平凡な人々の日常に突然襲い掛かる殺人をテーマに描く復讐(ふくしゅう)と再生のドラマ。ある殺人事件をきっかけに絡み合い、つながり合っていく20人を超える登場人物たちの全9章からなる物語を丁寧につづる。出演者も、『笑う警官』の忍成修吾や『かずら』の長谷川朝晴、『必死剣 鳥刺し』の村上淳をはじめ、佐藤浩市、柄本明、吹越満ら豪華な顔ぶれがそろう。4時間を超える力作で、彼らが一丸となって見せる繊細かつ迫真の演技が光る。

あらすじ

8歳のサト(本多叶奈)が友達と海で遊んでいると、近所のおばさん(渡辺真起子)が慌てて車で彼女を迎えに来る。サトの両親と姉がトラブルに巻き込まれて殺害されたため、彼女はひとり暮らしの祖父(柄本明)に引き取られることになったのだ。同じころ、トモキ(長谷川朝晴)は見知らぬ少年(忍成修吾)に妻と幼い娘を殺され……。

タイトルとURLをコピーしました