洋画洋画ドラマ

ハニーボーイ

洋画

HONEY BOY
製作年度:(2019)
製作国:アメリカ

出演: シャイア・ラブーフ, ルーカス・ヘッジズ, ノア・ジュープ
監督: アルマ・ハレル

解説

ハリウッドの人気子役がトラブルメーカーの父親との複雑な関係に葛藤しながらも、さまざまな人々との出会いを経て成長していく人間ドラマ。主人公の少年期を『クワイエット・プレイス』シリーズなどのノア・ジュープ、10年後の青年期を『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などのルーカス・ヘッジズが演じる。息子を振り回してしまう父親には『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』などのシャイア・ラブーフがふんし、自身の少年時代の経験を基に脚本を手掛けた。

あらすじ

飲酒運転で事故を起こしたハリウッドの若きトップスター、オーティス(ルーカス・ヘッジズ)は更生施設で治療中にPTSDの兆候を指摘される。原因を探るため今までの思い出を尋ねられた彼は、父のことを思い出す。10年前、子役として家計を支えていた12歳のオーティス(ノア・ジュープ)は、感情の不安定な父ジェームズ(シャイア・ラブーフ)に振り回される日々に苦しんでいた。そんな彼を心配する保護観察員や隣家に住む少女らとの交流を通じ、オーティスは少しずつ成長していく。

タイトルとURLをコピーしました