洋画 洋画ホラー

クロノス

洋画

クロノス/寄生吸血蟲
CRONOS
製作年度:(1992)
製作国:メキシコ

出演: フェデリコ・ルッピ, ロン・パールマン, タマラ・サナス
監督: ギレルモ・デル・トロ

解説

ギレルモ・デルトロ監督の長編デビュー作となる異色の吸血鬼ホラー。16世紀、ひとりの錬金術師によって作り出された金色の奇妙なスカラベ。「クロノス」と呼ばれるそれは永遠の命をもたらす謎の精密機械だった。時は流れて現代、骨董屋を営む老人ヘススは売り物の天使像の中からクロノスを発見。だが手に乗せたクロノスは突然動きだし、ヘススの手に食い込むと長い針を刺し液体を注入した。一方、不死を得ようと長年クロノスを探していた病床の大富豪デ・ラ・グァルディアは、甥のアンヘルからついにクロノス発見の報せを受ける。孫娘アウロラの不安をよそにクロノスの虜となっていくヘススは次第に若返っていくが、同時に血への渇望も沸き起こっていた……。

タイトルとURLをコピーしました