洋画 洋画コメディ

はじめてのおもてなし

洋画

WILLKOMMEN BEI DEN HARTMANNS
WELCOME TO GERMANY
製作年度:(2016)
製作国:ドイツ

出演: センタ・バーガー, ハイナー・ラウターバッハ, フロリアン・ダーヴィト・フィッツ
監督: ジーモン・ファーフーフェン

解説

『デッド・フレンド・リクエスト』などのサイモン・ヴァーホーヴェンがメガホンを取ったコメディー。難民の青年を家族の一員として迎え入れようとした一家が、さまざまな騒動を経て再生していくさまが描かれる。『ナポリと女と泥棒たち』などのセンタ・バーガー、『パラダイス』などのハイナー・ラウターバッハ、『ヴィンセントは海へ行きたい』などのフロリアン・ダーヴィト・フィッツらが出演。

あらすじ

ミュンヘンの住宅街に一軒家を構える、病院の医長のリヒャルト(ハイナー・ラウターバッハ)と元教師のアンゲリカ(センタ・バーガー)の夫婦。長男(フロリアン・ダーヴィト・フィッツ)は妻に逃げられその息子は勉強そっちのけでラップとゲームに夢中で、長女(パリーナ・ロジンスキ)は31歳になっても大学生という状態だった。ある日、アンゲリカが難民を受け入れると宣言して、ディアロ(エリック・カボンゴ)というナイジェリアから来た青年を連れてくるが……。

タイトルとURLをコピーしました