洋画 洋画ドラマ 洋画ラブロマンス

ラフィキ:ふたりの夢

洋画

RAFIKI
製作年度:(2018)
製作国:ケニヤ / 南アフリカ / フランス / レバノン / ノルウェー / オランダ / ドイツ

出演: サマンサ・ムガシア, シェイラ・ムニヴァ, ジミ・ガツ
監督: ワヌリ・カヒウ

解説

同性愛が禁じられたケニアで暮らす2人の少女の初恋を、音楽、ファッション、ダンスなどのアフリカンカルチャーと共に描く青春ストーリー。看護師を目指す少女と自由奔放な少女が、社会の偏見や法律という現実に直面する。監督のワヌリ・カヒウをはじめ、スタッフの多くがケニア人女性。多方面で活動しているサマンサ・ムガシアをはじめ、シェイラ・ムニヴァ、ジミ・ガツ、ニニ・ワシェラらが出演した。

あらすじ

看護師を目指しているケナ(サマンサ・ムガシア)は、ナイロビで母と生活しながら、離婚して国会議員に立候補した父のことを応援していた。ある日、ケナは父の対立候補の娘・ジキ(シェイラ・ムニヴァ)と出会う。やがて二人は惹(ひ)かれ合うが、同性愛が違法であるケニアでは彼女たちの恋は命懸けだった。

タイトルとURLをコピーしました