洋画 洋画ドラマ 洋画ミステリー

ルース・エドガー

洋画

LUCE
製作年度:(2019)
製作国:アメリカ

出演: ナオミ・ワッツ, オクタヴィア・スペンサー, ケルヴィン・ハリソン・Jr
監督: ジュリアス・オナー

解説

『クローバーフィールド・パラドックス』などのジュリアス・オナーが監督を務め、J・C・リーの戯曲「Luce」を映画化した人間ドラマ。優等生の黒人高校生の正体をめぐり、周囲の人々の思惑が交錯する。主人公を『WAVES/ウェイブス』などのケルヴィン・ハリソン・Jr、教師をオクタヴィア・スペンサー、養父母をティム・ロスとナオミ・ワッツが演じた。

あらすじ

文武両道に長けた17歳の黒人少年ルース(ケルヴィン・ハリソン・Jr)は、戦争中の母国から裕福な白人の養父母ピーター(ティム・ロス)とエイミー(ナオミ・ワッツ)に引き取られ、バージニア州アーリントンの高校に通っている。ある日、ルースは課題のことでアフリカ系の女性教師ウィルソン(オクタヴィア・スペンサー)と対立する。ウィルソンは、ルースが過激な思想を持っているのではないかと考えていた。

タイトルとURLをコピーしました