邦画邦画ヤクザ

極道の門 第五部

邦画

製作年度:(2018)
製作国:日本

出演: 木村一八, 下元史朗, 加納竜
監督: 旭正嗣

解説

大阪、昭和47年、夏――。二代目大政組の盃固めの儀式により、若頭へと就任した村田龍治(木村一八)。大政組百年の大計とも言うべき大胆な人事の刷新であり、それはまさに村田体制の確立であった!! そして尾形組と義道会との戦争は、村田龍治の類稀なる戦略と侠気により、築港大浜組組長・大浜鶴吉(加納竜)を動かすことになったのである。そしてその渦中、大浜組の鉄砲玉が村田と龍泉寺住職・藤村壮海(火野正平)の元に現れ、村田を庇った壮海が撃たれてしまう……。壮海は入院、一命を取り留めたが重傷。そこに、大浜鶴吉と大浜組若頭・根来達男(武蔵拳)が、住職を撃ってしまったことに詫び入れに現れた。その場に居合わせた村田は、奇妙なめぐり合わせと対面する。壮海と大浜鶴吉との過去。道を極めんとする男達の“業”が、新たなる「極道の門」を開けることとなる―!!

タイトルとURLをコピーしました