洋画 洋画コメディ 洋画ドラマ 洋画戦争

ジョジョ・ラビット

洋画

JOJO RABBIT
製作年度:(2019)
製作国:ドイツ / アメリカ

出演: ローマン・グリフィン・デイヴィス, トーマシン・マッケンジー, タイカ・ワイティティ
監督: タイカ・ワイティティ

解説

『マイティ・ソー バトルロイヤル』などのタイカ・ワイティティ監督がメガホンを取り、第2次世界大戦下のドイツを舞台に描くヒューマンドラマ。ヒトラーを空想上の友人に持つ少年の日常をコミカルに映し出す。『真珠の耳飾りの少女』などのスカーレット・ヨハンソンや『スリー・ビルボード』などのサム・ロックウェルらが共演。ワイティティ監督がヒトラーを演じている。

あらすじ

第2次世界大戦下のドイツ。10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイヴィス)は、青少年集団ヒトラーユーゲントに入団し、架空の友人であるアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)に助けられながら一人前の兵士を目指していた。だがジョジョは訓練中にウサギを殺すことができず、教官に“ジョジョ・ラビット”というあだ名を付けられる。

タイトルとURLをコピーしました