邦画邦画コメディ邦画ドラマ

童貞放浪記

邦画

製作年度:(2009)
製作国:日本

出演: 山本浩司, 神楽坂恵, 堀部圭亮, 古舘寛治, 松井周
監督: 小沼雄一

解説

東京大学出身で大学講師を務める三十路(みそじ)男の、童貞へのコンプレックスと初めての恋を描くヒューマン・コメディー。評論家・比較文学者である小谷野敦の自伝的小説を、劇団主宰者で三島由紀夫賞受賞作家の前田司郎が脚色、『AKIBA』の小沼雄一が監督と、各界の異才が集結。主人公の青年を『リアリズムの宿』の山本浩司、主人公に思いを寄せられる後輩を『トウキョウ・守護天使』の神楽坂恵が演じる。立派な肩書きと裏腹にさえない日々を送る主人公がコミカルで、もてない男の遅れてきた青春がほほ笑ましい。

あらすじ

東京大学大学院を卒業後に某大学の専任講師になり、順風満帆の人生を送る金井淳(山本浩司)。しかし、彼は30歳にして童貞ということに、秘かにコンプレックスを抱いていた。そんなある日、大学院の後輩、萌(神楽坂恵)に再会。初めて女性といいムードになった淳は、童貞を捨てる決意をするが……。

タイトルとURLをコピーしました