洋画洋画アドベンチャー洋画サスペンス洋画ドラマ

ナイチンゲール

洋画

THE NIGHTINGALE
製作年度:(2018)
製作国:オーストラリア / カナダ / アメリカ

出演: アシュリン・フランチオージ, サム・クラフリン, ベイカリ・ガナンバー
監督: ジェニファー・ケント

解説

第75回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞とマルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)に輝いたスリラー。『ババドック ~暗闇の魔物~』などのジェニファー・ケント監督が、流刑地の女性虐待と先住民の迫害の歴史を映し出す。ドラマ「ジーニアス:ピカソ」などのアシュリン・フランチオージ、『あと1センチの恋』などのサム・クラフリンらが出演。

あらすじ

19世紀のオーストラリア。アイルランド人の若い女囚クレア(アシュリン・フランチオージ)は、英国軍の将校たちから暴行を受けた上に、夫と子供を殺されてしまう。復讐(ふくしゅう)を決意した彼女は、逃亡した将校らを追うために、植民政策により虐げられている先住民アボリジニの青年ビリー(ベイカリ・ガナンバー)に道案内を依頼する。理不尽に全てを奪われた二人はタスマニアの過酷な森をさまよい、加害者たちを追い詰める。

タイトルとURLをコピーしました