邦画邦画ドラマ邦画ファンタジー

海を駆ける

邦画

製作年度:(2018)
製作国:日本 / フランス / インドネシア

出演: ディーン・フジオカ, 太賀, 阿部純子, 鶴田真由
監督: 深田晃司

解説

『淵に立つ』などの深田晃司監督と『結婚』などのディーン・フジオカが組み、インドネシアを舞台につづるファンタジードラマ。2004年の地震による大津波で大きな被害を受けたスマトラ島でロケを行い、海からやって来た不思議な男が起こす奇跡を描く。『走れ、絶望に追いつかれない速さで』などの太賀や『2つ目の窓』などの阿部純子、『恋する彼女、西へ。』などの鶴田真由らが共演。

あらすじ

貴子(鶴田真由)は息子のタカシ(太賀)とインドネシアに移住し、 NPO法人で災害復興の仕事に就いていた。ある日、貴子の自宅で息子の同級生クリス(アディパティ・ドルケン)と、その幼なじみでジャーナリストを目指しているイルマ(セカール・サリ)が取材を行っていたところ、身元不明の日本人らしき男性が見つかったという連絡が来て……。

タイトルとURLをコピーしました