洋画洋画ドラマ洋画史劇

パドマーワト 女神の誕生

洋画

PADMAAVAT
製作年度:(2018)
製作国:インド

出演: ディーピカー・パードゥコーン, ランヴィール・シン, シャーヒド・カプール
監督: サンジャイ・リーラ・バンサーリー

解説

16世紀に誕生したインドの伝記「パドマーワト」に書かれた物語を映画化。13世紀末のインドで、絶世の美女が一国の運命を左右する。『ミモラ -心のままに-』などのサンジャイ・リーラ・バンサーリーが監督を務め、『トリプルX:再起動』などのディーピカー・パードゥコーンのほか、ランヴィール・シン、シャヒド・カプールらが出演。

あらすじ

13世紀末。シンガール王国の王女パドマーワティ(ディーピカー・パードゥコーン)は、西インドの小国メーワール王国の王であるラタン・シン(シャヒド・カプール)と恋に落ち、ラタンの妃になる。時期を同じくして北インドでは、叔父を暗殺した武将アラーウッディーン(ランヴィール・シン)がイスラム教国のスルタン(王)の座に就く。

タイトルとURLをコピーしました