邦画 邦画エロス

四畳半色の濡衣

邦画

製作年度:(1983)
製作国:日本

出演: 美保純, 村嶋修, ひし美ゆり子, 根上淳
監督: 向井寛

解説

昭和七年。夏のある日、遊廓の並ぶこの界隈には、ひどく不似合いな洋装の娘が、旭楼に訪ねてきた。その娘は、朝子といって年齢は十八。旭楼の主人夫婦、源造とみねは、久しぶりの上玉なので、六百円の現金を手渡した。朝子はその金をすぐに電信為替で、ある病院に送った。旭楼には年齢順に、政江、宮子、はな、たみ、久子、ふみ子、ゆきという女郎がいる。年かさの連中にいじめられながら耐えに耐え、やがて朝子は、水揚げされた。ある日、久子とケンカして階段を転げ落ちた朝子は、かつぎこまれた近くの杉山病院で、そこの跡取りの若い医師・昭彦の治療を受けた。朝子が退院して間もなくのこと、病弱のゆきが喀血した。

タイトルとURLをコピーしました