洋画洋画ホラー

チャイルド・プレイ (2019)

洋画

CHILD’S PLAY
製作年度:(2019)
製作国:アメリカ

出演: オーブリー・プラザ, ガブリエル・ベイトマン, ブライアン・タイリー・ヘンリー, マーク・ハミル
監督: ラース・クレヴバーグ

解説

名作ホラーに登場した殺人人形チャッキーの恐怖が再び描かれたホラー。引っ越したばかりの少年に贈られた人形が、高性能のAIによって機械を操り、人々を襲撃する。チャッキーの声を『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカー役でおなじみのマーク・ハミルが担当し、少年を『ライト/オフ』などのガブリエル・ベイトマンが演じる。

あらすじ

引っ越し直後で近所に友達がいない少年、アンディ(ガブリエル・ベイトマン)は、誕生日に母親(オーブリー・プラザ)からバディ人形をもらう。その人形は最先端テクノロジー企業・カスラン社の新商品で、音声認識やセンサー付きカメラなど高度な機能を備えていた。人形は“チャッキー”と名乗り、アンディに一番の親友だと話し掛ける。しかしこの人形は欠陥品だった。

タイトルとURLをコピーしました