洋画 洋画ドラマ

わたしは、ダニエル・ブレイク

洋画

I, DANIEL BLAKE
製作年度:(2016)
製作国:イギリス / フランス / ベルギー

出演: デイヴ・ジョーンズ, ヘイリー・スクワイアーズ
監督: ケン・ローチ

解説

『麦の穂をゆらす風』などのパルムドールの常連ケン・ローチ監督がメガホンを取り、社会の片隅で必死に生きようとする男の奮闘に迫る人間ドラマ。病気で働けなくなった主人公が煩雑な制度に振り回されながらも、人との結び付きを通して前進しようとする姿を描く。コメディアンとして活動しているデイヴ・ジョーンズらが出演。ローチ監督にパルムドールをもたらした力強い物語に震える。

あらすじ

59歳のダニエル(デイヴ・ジョーンズ)は、イギリス・ニューカッスルで大工の仕事に就いていたが、心臓の病でドクターストップがかかる。失職した彼は国の援助の手続きを進めようとするが、あまりにもややこしい制度を前に途方に暮れる。そんな中、ダニエルは二人の子供を持つシングルマザーのケイティと出会う。

タイトルとURLをコピーしました