洋画 洋画ドラマ 洋画青春

ビーイング・チャーリー

洋画

BEING CHARLIE
製作年度:(2015)
製作国:アメリカ

出演: ニック・ロビンソン, モーガン・セイラー, デヴォン・ボスティック
監督: ロブ・ライナー

解説

18歳になったばかりのチャーリーはまたドラッグのリハビリ施設から逃げる。コメディアンになりたい夢を話しながら親友のアダムに連れられ家に帰るが、カリフォルニア州知事選を控えた父親デヴィッドに拒否されてしまう。父親との溝は深まるばかりで母親リザーンの心配をよそにチャーリーは家を飛び出すが、アダムの説得で再びリハビリ施設に入る。入所まもなく所長ドレイクに悪態をつくチャーリーだが患者の仲間たちと触れ合いの中で、エヴァと出会い、お互いのこと、将来のこと話しながら二人は恋に落ちる。

タイトルとURLをコピーしました