洋画 洋画ホラー

テイキング・オブ・デボラ・ローガン

洋画

THE TAKING OF DEBORAH LOGAN
製作年度:(2014)
製作国:アメリカ

出演: ジル・ラーソン, アン・ラムゼイ, ミシェル・アン, ブレット・ジェンタイル
監督: アダム・ロビテル

解説

医大生のミアはドキュメンタリー映画の制作のためクルーを連れて、ヴァージニア州の田舎町を訪れる。そこに住むアルツハイマーを患っている老女デボラと娘サラの生活に密着取材する一行。女手一つでサラを育て上げたデボラは聡明で、意識もしっかりしているものの、夜行症のため夜になると自宅のみならず、庭にすら徘徊していく。それもアルツハイマーの症状の一つと医者は見ていたが、次第に日中でも言動がおかしくなっていくデボラ。突然凶暴になって包丁を振り回し、自らの皮を剥ぎ、背中にはおぞましい痣が出現――。あまりの奇行の数々に恐怖に怯えるサラとミアたち。しかし、デボラの症状は過激になるばかりで、ついにはアルツハイマーでは説明がつかないほどの恐怖に陥れられる――!! 

タイトルとURLをコピーしました