邦画 邦画ドラマ

闇金ドッグス4

邦画

製作年度:(2016)
製作国:日本

出演: 山田裕貴, 青木玄徳, 升毅, 高橋ユウ, 木村祐一
監督: 元木隆史

解説

元ヤクザの闇金業者を主人公に、金に群がる人たちの強烈な人間模様を描く人気シリーズの第4弾。債務者を徹底的に追う冷徹な主人公が、刑期を終えて堅気になろうとするヤクザの兄貴分と金銭トラブルを抱える若い女性のカップルに関わるさまを映す。監督は、『ガチバン』シリーズなどの元木隆史。安藤忠臣役の山田裕貴や須藤司役の青木玄徳が前シリーズより続投するほか、升毅、高橋ユウ、木村祐一らが出演。人間の欲望を容赦なく描き切る内容に注目。

あらすじ

元ヤクザの親分の安藤忠臣(山田裕貴)は闇金業者のラストファイナンスの社長として、常に冷徹に債務者を追い込んでいた。そんな中、ヤクザ時代の兄貴分・豊田(升毅)が10年の服役ののち出所。豊田が堅気になろうと履歴書を書いていた喫茶店で、店員の元子(高橋ユウ)がチンピラに襲われる。チンピラをぶっ飛ばして元子と逃亡した豊田は、元子の借金を肩代わりしようとラストファイナンスを訪れる。

タイトルとURLをコピーしました