洋画 洋画ドラマ 洋画伝記

奇跡のひと マリーとマルグリット

洋画

MARIE HEURTIN
MARIE’S STORY
製作年度:(2014)
製作国:フランス

出演: イザベル・カレ, アリアーナ・リヴォアール
監督: ジャン=ピエール・アメリス

解説

生まれつき耳も目も不自由な少女と、彼女の教育に身をささげたシスターの実話を基に描く感動のヒューマンドラマ。見えない、聞こえない、話せないという三重苦を背負った主人公と、全身全霊を懸けて彼女の教育に力を注いだ修道女の苦難の道のりと深い絆を描く。自身も耳が不自由な新星アリアナ・リヴォワールが主人公を演じ、修道女を『チャーリーとパパの飛行機』などのイザベル・カレが熱演。二人の努力が実を結ぶ奇跡に感極まる。

あらすじ

ある日、聴覚障害のある少女たちの教育施設ラルネイ聖母学院に、父親と一緒にマリー(アリアナ・リヴォワール)がやって来る。盲目で耳も聞こえない彼女はスキを見て庭に飛び出し、ついには木の上に登ってしまう。マリーを下ろそうとした修道女マルグリット(イザベル・カレ)は、受け入れを渋る院長を説得して彼女を学院に迎え入れようとする。

タイトルとURLをコピーしました