洋画 洋画サスペンス 洋画犯罪

ドッグ・イート・ドッグ

洋画

DOG EAT DOG
製作年度:(2016)
製作国:アメリカ
映倫 R18+

出演: ニコラス・ケイジ, ウィレム・デフォー, クリストファー・マシュー・クック, オマール・ドーシー, ポール・シュレイダー
監督: ポール・シュレイダー

解説

『レザボア・ドッグス』などで俳優としても活躍した作家エドワード・バンカーの小説を、ニコラス・ケイジ主演で映画化。地元のギャングから誘拐の仕事を引き受けた前科者の男たちが、追い込まれていくさまを描く。監督は、『ラスト・リベンジ』でもニコラスと組んだポール・シュレイダー。主人公の仲間を『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』などのウィレム・デフォー、テレビシリーズ「ウォーキング・デッド」などのクリストファー・マシュー・クックが演じる。

あらすじ

服役を終えて出所したトロイ(ニコラス・ケイジ)は、刑務所で仲間だった薬物中毒のマット・ドッグ(ウィレム・デフォー)、巨漢のディーゼル(クリストファー・マシュー・クック)と再会。どん底人生からの一発逆転を狙う三人は、地元ギャングのボスから借金を返済しない男の赤ん坊を誘拐するという報酬75万ドルの大仕事を請け負う。しかし、予想外の展開から追われる身となってしまい、状況は泥沼化していく。

タイトルとURLをコピーしました