洋画洋画ホラー洋画モンド

ネクロマンティック

洋画

NEKROMANTIK
製作年度:(1987)
製作国:ドイツ

出演: ダクタリ・ロレンツ, ベアトリス・M, ハラルド・ランド, スーシャ・コルステッド, ヘンケ・S
監督: ユルグ・ブットゲライト

解説

ネクロフィリア(死体愛好)の主人公を描き、過激な描写で話題となったホラー。欲望を満たすため、死体清掃会社で働き、持ち帰った死体をコレクションする男とガールフレンドの行く末が描かれる。監督は、『死の王』などのユルグ・ブットゲライト。観る者をぼうぜんとさせるほどのグロテスクな映像が見どころ。

あらすじ

死体清掃会社で勤務するロベルト(ダクタリ・ロレンツ)は死体が好きなネクロフィリアであり、勤務先から死体の一部を持ち帰り、ガールフレンドのベティ(ベアトリス・M)と一緒に欲望を満たしていた。そんなある日、全身がそろった死体を持ち帰り、ロベルトとベティと死体で禁断の行為に及んでしまう。ところが次の日、ロベルトは会社をクビになってしまい、さらには死体が入手できなくなったことにベティが激高し……。

タイトルとURLをコピーしました