洋画洋画アクション洋画戦争

キングダム・ソルジャーズ -砂漠の敵-

洋画

THE MARK OF CAIN
製作年度:(2007)
製作国:イギリス

出演: マシュー・マクナルティ, ジェラルド・カーンズ, レオ・グレゴリー, マイケル・バーン
監督: マーク・ミュンデン

解説

米大統領による「戦闘終結宣言」から3ヶ月が経過しようとしていた2003年8月。
イラクでは依然として残党と連合軍の戦闘が続いていた。
そんな中、18歳という若さで重要な拠点となるバスラに派遣されたイギリス軍兵士のマークとシェインは、
過激派との初めての交戦中、仲間のグリンが乗ったトラックにロケット弾を打ち込まれるという残酷な場面に遭遇してしまう。
想像を超えた実践の恐怖にパニック状態に陥るマークとシェイン。
その時、彼らに出来たことは、一心不乱にマシンガンを撃ち続けることだけだった。
後日、”制裁”という名目で、一般人に紛れ込む過激派をしらみ潰しに拘束せよとの命令が下る。
仲間を殺された悲しみと、不甲斐ない自分への苛立ちで、復讐心に燃えていた。
しかし、彼らはやがて、この作戦が持つ大きな矛盾に気付き始める…

タイトルとURLをコピーしました