洋画洋画SF洋画アクション洋画サスペンス

セブン・シスターズ

洋画

WHAT HAPPENED TO MONDAY?
SEVEN SISTERS
製作年度:(2016)
製作国:イギリス/アメリカ/フランス/ベルギー
映倫 R15+

出演: ノオミ・ラパス, グレン・クローズ, ウィレム・デフォー, マーワン・ケンザリ, ポール・スヴェーレ・ハーゲン
監督: トミー・ウィルコラ

解説

近未来を舞台に、交代で一人の人間に成り済ます七つ子姉妹の運命を描いたSFスリラー。『ミレニアム』シリーズなどのノオミ・ラパスが主演を務め、個性豊かな姉妹を演じ分ける。『アルバート氏の人生』などのグレン・クローズ、『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』などのウィレム・デフォーらが共演。『処刑山 -デッド・スノウ-』などのトミー・ウィルコラ監督がメガホンを取った。

あらすじ

近未来。人口の増加と飢饉によって深刻な食糧難となり、世界の国々は厳格な一人っ子政策を行っていた。そんな状況下で、セットマン家の七つ子姉妹(ノオミ・ラパス)は、祖父によって各曜日の名前を付けられ、それぞれ週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで当局の監視の目を逃れてきた。ある日マンデーが帰宅しなかったことから、姉妹の日常は狂い始める。

タイトルとURLをコピーしました