洋画洋画ドラマ洋画犯罪

コインロッカーの女

洋画

COIN LOCKER GIRL
製作年度:(2015)
製作国:韓国

出演: キム・ゴウン, キム・ヘス, パク・ボゴム, コ・ギョンピョ
監督: ハン・ジュニ

解説

『メモリーズ 追憶の剣』などのキム・ゴウンと、『観相師-かんそうし-』などのベテラン女優キム・ヘスが主演を務めた衝撃のサスペンスドラマ。コインロッカーに捨てられていた、裏社会に生きるヒロインの運命が、ある男性と出会うことにより急展開していくさまを描写する。『サイコメトリー~残留思念~』の脚本を担当したハン・ジュニがメガホンを取る。疑似家族として生きてきた二人の女性が直面する過酷な宿命の行方はいかに。

あらすじ

生まれて間もなく地下鉄のコインロッカー10番に置き去りにされた赤ちゃんは、イリョンと命名される。そして、仁川のチャイナタウンに君臨し、裏社会の人々には“母さん”と呼ばれる女性(キム・ヘス)が彼女を養育する。やがて大人になったイリョン(キム・ゴウン)は母さんの経営する闇金融業を手伝うようになるが……。

タイトルとURLをコピーしました